人生はジャムセッションだ!

セッションを日本の文化にする社長「斉藤彰広」の人生をグルーヴさせる秘訣を集めたブログ!

*

ban1

3ピースバンドでベースが高音域に行っても音が軽くならない方法

      2016/01/17

3ピースバンドでベースが高音域に行っても音が軽くならない方法

今回は3ピース(3人)編成での
アンサンブルのコツです。

3ピースバンドでセッションした時、
特に盛り上がった時に
ベースの音域を上げたら、
バンド全体のサウンドが軽くなってしまった!

どうしたらいいの?

というお悩みです。

結論から言うと、

【ギターとベースが音域を分担すればOK!】

もしこれが、ピアノ、ベース、ドラムの
3ピースだったならば話は別。

ピアノは左手で低い音域のコードを
プレイすることができるので、
ベースが割と自由に音域を変えても大丈夫です。

ところが、ギター、ベース、ドラムによる
3ピースの場合はちょっとコツが入ります!

なぜなら、ギターの構造上、
左手で弦を押えて、右手で弾くため、
基本的に、「どこかの音域にしか入れない!」

高音域と低音域を
一気にカバーするのは、
特殊な条件を満たさない限り
不可能なのです。

そこで、ベースとギターが
一緒に音域上がると
低音域がスカスカになってしまい
迫力が無くなってしまうのです。

解決法としては、
【ギターが低音をカバーしている時に
 ベースは高音域に行く!】

ということ。

つまり、音域の役割分担ですね!

動画の中でも実演していますが、
ギアーがいわゆるパワーコードなどで
低音をカバーに入ったら、
すかさずベースは高音域で派手に暴れましょう!

アンサンブルの基本的コツ。
是非参考にしてみて下さい!

ban1

 - ベース動画レッスン

  関連記事

no image
スラップベースをキレよく弾く方法

3ピースバンドでベースが高音域に行っても音が軽くならない方法 「スラッ …

ベース アドリブ アンサンブル
「3ピースバンドでベースが高音域に行っても音が軽くならない方法 その2」

3ピースバンドでベースが高音域に行っても音が軽くならない方法 今回は3 …

no image
ベースソロにジャジーなオルタードスケールを使う方法!初心者編その2

3ピースバンドでベースが高音域に行っても音が軽くならない方法 今回も引 …

no image
ベースソロにジャジーなオルタードスケールを使う方法!初心者編その1

3ピースバンドでベースが高音域に行っても音が軽くならない方法 今回はベ …

ban1