人生はジャムセッションだ!

セッションを日本の文化にする社長「斉藤彰広」の人生をグルーヴさせる秘訣を集めたブログ!

*

ban1

「3ピースバンドでベースが高音域に行っても音が軽くならない方法 その2」

      2016/01/17

「3ピースバンドでベースが高音域に行っても音が軽くならない方法 その2」

今回は3ピース(3人)編成での
アンサンブルのコツ第2弾です。

3ピースバンドでセッションした時、
特に盛り上がった時に
ベースの音域を上げたら、
バンド全体のサウンドが軽くなってしまった!

どうしたらいいの?

というお悩みです。

今回の結論から言うと、

【上の音域から降りてくればOK!】

確かに、ベースが
上の音域に居続けると
低音がスカスカになり、
バンド全体の迫力がなくなります。

でも、人間の耳は不思議。

上の音域に上がっても、
「降りてくる予感」があると
そんなにスカスカに聞こえずに
全体のバランスとしては大丈夫だったりします!

ベースがポンと上に音域を上げても、
下降してくる予感を感じさせるフレーズなら
人間の耳はその動きを予想して、
低音を保管して聴いてしまうのです!

なので、かなり長い時間、
上の音域でステイしていても
意外にOKなのです。

この辺りのニュアンスは
是非冒頭の動画でご確認下さい!

ban1

 - ベース動画レッスン

  関連記事

no image
スラップベースをキレよく弾く方法

「3ピースバンドでベースが高音域に行っても音が軽くならない方法 その2 …

no image
3ピースバンドでベースが高音域に行っても音が軽くならない方法

「3ピースバンドでベースが高音域に行っても音が軽くならない方法 その2 …

no image
ベースソロにジャジーなオルタードスケールを使う方法!初心者編その2

「3ピースバンドでベースが高音域に行っても音が軽くならない方法 その2 …

no image
ベースソロにジャジーなオルタードスケールを使う方法!初心者編その1

「3ピースバンドでベースが高音域に行っても音が軽くならない方法 その2 …

ban1