人生はジャムセッションだ!

セッションを日本の文化にする社長「斉藤彰広」の人生をグルーヴさせる秘訣を集めたブログ!

*

ban1

100人のファンをつかむローカルスターを街に一人ずつ生み出そう!

      2016/01/17

100人のファンをつかむローカルスターを街に一人ずつ生み出そう!音楽 笑顔 セッション
1「社会人が音楽できないっておかしいよね?」

http://saito-akihiro.com/?p=1085

2「ミュージシャンが稼げないって誰が決めたんでしょうか?」

http://saito-akihiro.com/?p=1088

3「現代の長屋を音楽で作ろう!」

http://saito-akihiro.com/?p=1091

これまで3回にわたって書いてきましたが、
いよいよ核心部分のお話になります。

僕が考える現代のミュージシャンの使命

【他人の夢を奪う
 ドリームキラーを根絶する!】

これを実現し、

【社会人になって
 ますます人生をグルーヴさせる
 カッコいい大人!】

をたくさん生み出すための
方法について書いてみます。

答えからいうと、

【100人のファンをつかむ
 ローカルスターを
 各街に一人ずつ生み出そう!】

自分の生まれ育った町、
もしくは愛着のある今の地元。

こういったところで
音楽で繋がれる現代の長屋を作る。

でも、ハコがあっただけでは、
何も変わりません。

日本中のライブハウスが
経営的に苦戦しているのを見れば
簡単にわかります。

そこでプレイする
強力なサウンドを持つ
「人」が必要なのです!

でもそうすると、多くの人は
数万人の人を一気に集客できる
スーパースターを
想像しがちかもしれません。

もちろんスーパースターを
生み出してもいいのです。

が!
ゴシップや権利の問題に苛まれるスーパースターより、
好きなサウンドで好きな表現を追求できるローカルスターの方が、
ミュージシャン人生としては健全かもしれません。

実際、僕たちが開催するセッションでは、
セッション界(そんなのあるのか!?)の
ローカルスターが生まれ始めています!

そして、いつも会場中を巻き込んで、
自由なサウンドを振りまいて、
楽しそうにセッションしています!!

プロだとか、アマだとか、
芸術性とか、完成度とか、
そういうことに必要以上にとらわれずに、
自由に手の届く範囲の人達と楽しく音楽ができる。

そんなローカルスターが沢山いる
音楽環境こそが、実は

【社会人になって
 ますます人生をグルーヴさせる
 カッコいい大人!】

を沢山生み出す土壌になるのではないか!?

そう、確信めいた閃きがあります。

ところが!

この環境を創るためには
明らかに一つ、足りないものがあったのです…。

続く

 斉藤彰広

ban1

 - セッションの心構えについて

  関連記事

no image
評論家の器とは!?

100人のファンをつかむローカルスターを街に一人ずつ生み出そう!世の中には評論家 …

no image
盛り上がってナンボのバンドアンサンブル!?

100人のファンをつかむローカルスターを街に一人ずつ生み出そう!とっても根源的な …

no image
才能より環境がモノを言うのが音楽!?

100人のファンをつかむローカルスターを街に一人ずつ生み出そう!音楽は芸術の一分 …

no image
一流のセッションプレイヤ―の条件とは!?

100人のファンをつかむローカルスターを街に一人ずつ生み出そう!「一流のセッショ …

no image
セッションをすると何で楽器が上手くなるんですか?

100人のファンをつかむローカルスターを街に一人ずつ生み出そう!「セッションをす …

no image
良い音楽の先生に絶対の共通項!?

100人のファンをつかむローカルスターを街に一人ずつ生み出そう! これは答えから …

no image
ベースから見たアンサンブルのメリットとデメリット!?

100人のファンをつかむローカルスターを街に一人ずつ生み出そう!もちろん全ての楽 …

no image
あなたの耳を最高に良くする不思議な法則とは!?

100人のファンをつかむローカルスターを街に一人ずつ生み出そう!これはあくまで僕 …

no image
三度の挫折を経験しても音楽を楽しみ続けた男の物語。

100人のファンをつかむローカルスターを街に一人ずつ生み出そう!もしあなたが、 …

no image
感情語と論理語の間にある音楽の関係!?

100人のファンをつかむローカルスターを街に一人ずつ生み出そう!-とある統計で、 …

ban1