人生はジャムセッションだ!

セッションを日本の文化にする社長「斉藤彰広」の人生をグルーヴさせる秘訣を集めたブログ!

*

ban1

【小学生にもわかるアドリブ理論!?】

      2016/01/17

【小学生にもわかるアドリブ理論!?】アドリブレッスン

「ここまでの流れ」

1「社会人が音楽できないっておかしいよね?」

http://saito-akihiro.com/?p=1085

2「ミュージシャンが稼げないって誰が決めたんでしょうか?」

http://saito-akihiro.com/?p=1088

3「現代の長屋を音楽で作ろう!」

http://saito-akihiro.com/?p=1091

4「100人のファンをつかむ
  ローカルスターを各街に一人ずつ生み出そう!」

http://saito-akihiro.com/?p=1094

5「オールジャンルプレイヤーじゃないと個性を殺される!?」

http://saito-akihiro.com/?p=1099

このように今まで5回にわたって
僕が考える現代のミュージシャンの使命

【他人の夢を奪う
 ドリームキラーを根絶する!】

について書いてきました。

そして、これを実現し、

【社会人になって
 ますます人生をグルーヴさせる
 カッコいい大人!】

をたくさん生み出すための
方法についてさらに書いていきます!

今回は「100人のファンをつかむローカルスター」
自体を生み出す、
「マスターセッションインストラクター(仮)」
に必要な3つの能力の2つ目のご紹介。

その能力とは

【小学生にもわかりやすくアドリブを教えられること!】

そもそもなぜローカルスターに
アドリブセッション能力が
必要なのかというと、

「より心の距離を近づけて
 むちゃくちゃ濃いファンを作るため!」

です。

一般的な
ライブや音源というのは、
基本一方通行。

ミュージシャンの言いたいこと、
やりたいこと、思いを
サウンドにしたものを
一方的に送ります。

そして、それを気に入った観客は
一方的にその思いを受け取り続けます。

これが従来のミュージシャンとファンのかたち。

でも、これだと心の距離が遠いのです!

このかたちが破たんするとき、
よく聞く言葉に、

「若い時は好きでよく聞いていたけど
 今の年齢になるともう聞けないなぁ。」

このように年齢とともに
趣味趣向が変わっていくに従って
どんどんファンが離れていってしまうのです。

もちろん、ほかにもいろいろパターンはありますが、
いづれにせよ、一方通行で
心の距離が遠いため、
こういうことが起こります。

でも、アドリブセッションの能力を持った
ローカルスターならどうでしょう!?

そして、一気に数万人と薄く繋がろうとせず、
100人のファンと濃く繋がることを
考えたらどうでしょう!!?

なんと、アドリブならば
その場でファンと音の会話ができます。

同じバンドメンバーとして、
ステージで一人一人のファンと
音の会話ができるのです!

これほど心の距離を近づける方法が
ほかにあるでしょうか?

これを繰り返していけば、
そこが音楽でつながる仲間の集まる
長屋になるでしょう!

その中心に
アドリブセッション能力をもった
優しく熱いローカルスターがいるのです。

でも、そんなローカルスターを生み出すには
今の音楽教育の環境は
全然満足いくものになっていません。

なぜなら、「アドリブは難しい!」
というイメージが
日本の音楽好きの間には
色濃く根付いているからです。

でも、もしあなたが
このイメージを払しょくし、
【アドリブは簡単だし楽しい!】

ということを伝えられたらどうでしょうか?
一気に音楽の敷居が下がり、
楽しいローカルスターが
世の中にたくさん排出され始めます!

そのためにも、

【小学生にもわかるように
 アドリブを教える力】

がマスターセッションインストラクター
には必要なのです。

また、こういう法則もあります。

【他人を批判しない人は
 現役で成長し続けられる人だけ!】

つまり、自分自身を成長させ、
背中でものを語れる人は、
他人を批判し、
他人の夢を奪うようなことはしない、
ということ。

逆に言うと、
成長を止めてしまった人は

【他人の夢を奪うドリームキラーになる!】

ということなのです。

では常に現役で成長するには
どうしたらいいでしょうか?

この答えも一つです。

【他人に自分の持っているすべてを教え続けること!】

呼吸は、吐き出さなければ、
吸うことができません。

これと同じ原理で、
持っている知識や経験を
吐き出し続ければ続けるほど、
新しい知識や経験が入ってきます。

人に丁寧に教えることは、
すなわち自分自身の無限の成長に繋がるのです!

というわけで、

「マスターセッションインストラクター(仮)」
に必要な3つの能力のうち2つは

1「オールジャンルプレイヤーであること」
2「小学生にもわかりやすくアドリブを教えられること」

ということになるのです。

次回は3つ目の能力について書いていきます。

続く…。

ban1

 - セッションの心構えについて

  関連記事

no image
君は音楽で涙を流したことがあるか!?その1

【小学生にもわかるアドリブ理論!?】人は音楽を聞いて感動することができます。 & …

no image
ピアノから見たアンサンブルのメリットとデメリット!?

【小学生にもわかるアドリブ理論!?】もちろん全ての楽器奏者に 参考になる内容です …

no image
「プロとは役立たない助言をけしてしない法則」とは!?

【小学生にもわかるアドリブ理論!?】僕たちの会社の理念は 【ジャムセッションを日 …

no image
自由なリズムを欲しがる人の天敵と最高のパートナー!?

【小学生にもわかるアドリブ理論!?】【リズムは3次元シリーズ】第5弾行きたいと思 …

no image
ザ・ミュージシャンの使命とは!?

【小学生にもわかるアドリブ理論!?】最近、ちょっと面白い質問を頂いたので、 この …

no image
評論家の器とは!?

【小学生にもわかるアドリブ理論!?】世の中には評論家、批評家と呼ばれる職業があり …

アドリブ 音楽理論 レッスン
小学生にもわかるアドリブ理論の具体的な身に付け方

【小学生にもわかるアドリブ理論!?】 今日もちょっと趣向を変えて、 社会人プレイ …

no image
当たり前のことを当たり前にやったら君もミュージシャン!

【小学生にもわかるアドリブ理論!?】また最近よく、 「どうやったらミュージシャン …

no image
感情語と論理語の間にある音楽の関係!?

【小学生にもわかるアドリブ理論!?】-とある統計で、 「ウザい」「ダルい」「ムカ …

no image
バンドメンバーの気持ちを察する方法!?

【小学生にもわかるアドリブ理論!?】他人の気持ちが分かったら、 人生こんなに苦労 …

ban1