人生はジャムセッションだ!

セッションを日本の文化にする社長「斉藤彰広」の人生をグルーヴさせる秘訣を集めたブログ!

*

ban1

オールジャンルプレイヤーへの最大の近道は…!?

      2016/01/17

オールジャンルプレイヤーへの最大の近道は…!?アドリブ 音楽理論 レッスン
今日もちょっと趣向を変えて、
社会人プレイヤーに向けて書きます。

1「社会人が音楽できないっておかしいよね?」

http://saito-akihiro.com/?p=1085

2「ミュージシャンが稼げないって誰が決めたんでしょうか?」

http://saito-akihiro.com/?p=1088

3「現代の長屋を音楽で作ろう!」

http://saito-akihiro.com/?p=1091

4「100人のファンをつかむ
  ローカルスターを各街に一人ずつ生み出そう!」

http://saito-akihiro.com/?p=1094

5「オールジャンルプレイヤーじゃないと個性を殺される!?」

http://saito-akihiro.com/?p=1099

6「小学生にもわかるアドリブ理論!?」

http://saito-akihiro.com/?p=1105

7「最高のファンのみを惹きつける真の集客力!?」

http://saito-akihiro.com/?p=1108

8「6か月で人はどこまで変われるか知っていますか?」

http://saito-akihiro.com/?p=1112

さて、ここまでに
【6か月でマスターセッションインストラクター(仮)】
になって、
経済的にも、音楽的にも、
そして人生の選択全てにおいて
自由になって、
ローカルスターを沢山生み出そう!

というお話をしてきました。

今回は具体的な
マスターセッションインストラクター(仮)
のなり方のお話。

今回の結論から言ってしまうと、

【オールジャンルプレイヤーへの最大の近道は
 オールラウンドプレイヤーになること!】

マスターインストラクターになるには、
最低でも「6ルーツミュージック」
をマスターした「オールジャンルプレイヤー」
になることが必要!

というお話は以前しました。

http://ow.ly/JuSN5

では、その具体的な
オールジャンルプレイヤーのなり方
の中心コンセプトこそが、

【オールラウンドプレイヤー】
なのです。

オールラウンドプレイヤーとは、
ボーカル、管楽器などの「リード楽器」
ギター、ピアノなどの「コード楽器」
ベース、ドラムなどの「リズム楽器」

この3つのパートの気持ちが、
全てわかる能力の事を言います。

アンサンブルの達人と言っても
過言ではないでしょう。

けして全ての楽器を
完璧に弾ける必要はありません。
(もちろん弾けた方がいいですが。)

弾ける弾けないのレベルではなく

【完璧に各パートの気持ちがわかる!】

このレベルの真の音楽知識と
音楽的共感力があれば、
まぎれもなく、あなたも
オールラウンドプレイヤーです。

ちょっと自分の担当楽器が上手いだけで、
バンドのリーダー的ポジションになってしまう。

でも、他の楽器の
知識も気持ちもわからないので
自分の立場からのみの視点で
適当なことを言って
バンドが人間関係ごと
ぐちゃぐちゃになってしまう…。

こういう景色を見たことがある人は
結構いると思います。(苦笑)
(バンドだけじゃなく、
 人が集まる会社や組織ならば
 頻繁に同じことが起こっていますよね!?)

この問題を根本から解決する力こそが
「オールラウンドプレイヤー!」
なのです。

そして、この力を手に入れると、
「6ルーツミュージックを身につける」
事が、とても容易になります。

なぜなら、
【各ジャンルの美味しいところが
 理解できるから!】

例えば、
「ロックは好きだけどジャズはダメ」
という人がいます。

このタイプは、
「音量の変化に敏感」です。

アンプを通した大音量ギターや
ドラムの音圧を気持ちよく感じやすい
価値観を持っています。

でも、ジャズは音量で会話をあまりしません。

どちらかというと、
「ハーモニーの駆け引き」
でサウンドを構築していく価値観が強い音楽です。

だから、「コード楽器」
の気持ちがわかれば
すんなりと理解しやすくなるのですが、
この価値観がないと
美味しいところが理解しづらいのです。

このように、
ジャズ、ブルース、ロック、ファンク、ボサノバ、ラテン
の6ルーツミュージックそれぞれに
美味しい部分があり、
その価値観が理解できる「ふところ」がないと
オールジャンルプレイヤーにはなりづらいのです。

そして、この「ふところ」を
身につける近道こそ
「オールラウンドプレイヤーになる!」
事なのです。

リード楽器、コード楽器、リズム楽器
それぞれの価値観が理解できれば、
どんな音楽の価値観にも反応することが可能!

ここでもう一度結論!

【オールジャンルプレイヤーへの最大の近道は
 オールラウンドプレイヤーになること!】

これを6か月で実現する
具体的なカリキュラムが、
マスターセッションインストラクター講座(仮)
の一つの格子になります。

音楽的にはもちろん、
人としても大きな「ふところ」を
手に入れることが可能です!

次回は、

【小学生にもわかるアドリブ理論
 の具体的な身に付け方】

について書いていきます。

続く…。

ban1

 - セッションの心構えについて

  関連記事

no image
ザ・ミュージシャンの使命とは!?

オールジャンルプレイヤーへの最大の近道は…!?最近、ちょっと面白い質問を頂いたの …

no image
一流のセッションプレイヤ―の条件とは!?

オールジャンルプレイヤーへの最大の近道は…!?「一流のセッションプレイヤ―の条件 …

no image
君は音楽を聞いて涙を流したことがあるか!?その3

オールジャンルプレイヤーへの最大の近道は…!?さて、今回でこのシリーズも完結編。 …

no image
リズムの正確さが欲しい人の天敵と最高のパートナー!?

オールジャンルプレイヤーへの最大の近道は…!?【リズムは3次元シリーズ】第3弾行 …

no image
三度の挫折を経験しても音楽を楽しみ続けた男の物語。

オールジャンルプレイヤーへの最大の近道は…!?もしあなたが、 いくら練習しても上 …

no image
ミュージシャン的正しい我の通し方!?

オールジャンルプレイヤーへの最大の近道は…!?プロアマ問わず、 音楽をやっている …

no image
リズムのスピード感を欲しがる人の天敵と最高のパートナー!?

オールジャンルプレイヤーへの最大の近道は…!?【リズムは3次元シリーズ】第4弾行 …

no image
ゴールよりプロセスを楽しむのがセッションの醍醐味!?

オールジャンルプレイヤーへの最大の近道は…!?過去の思い出というのは、 苦しいも …

no image
セッションをすると何で楽器が上手くなるんですか?

オールジャンルプレイヤーへの最大の近道は…!?「セッションをすると何で楽器が上手 …

no image
音楽の基本は、前に、そして遠くに飛ばす事!

オールジャンルプレイヤーへの最大の近道は…!?僕は過去に剣道をやっていた事があり …

ban1