人生はジャムセッションだ!

セッションを日本の文化にする社長「斉藤彰広」の人生をグルーヴさせる秘訣を集めたブログ!

*

ban1

小一時間でふざけた音楽つくってもいいじゃない!?

      2016/01/17

小一時間でふざけた音楽つくってもいいじゃない!?僕自身は、

スカしたりカッコつけたりせずに、

普段の会話のように、まるで日記のように、

気軽に音を紡いだ方が、面白いと思ってしまうタイプです。

 

もちろん、職業音楽家の皆さんが、

ウンウン唸りながら、その豊富な知識と高い経験値を

総動員して創りあげる「完成したサウンド」も好きだし、

素晴らしいと心から思います!

 

 

どちらも間違いなく素晴らしいのですが、

どちらかというと、今の日本の音楽文化では、

「完成されたサウンド」じゃないと、

音楽とは言わない!

ましてや作曲したなんて口が裂けても言わせない!!

 

という暗黙の空気が漂っているように感じます。

 

この話をするときに、

僕はいつも「作文」と「フリートーク」を例えで出します。

 

 

学校で習う「作文」ですが、

これ苦手な人多いですよね?

 

僕はかなり苦手でした。

(あなたはどうですか?)

 

でも、苦手になるのも当たり前。

 

なぜなら、「作文」というのは、

『推敲することで良くなるものだから。』

 

要するに、無駄なものを省いて省いて省きまくり、

必要なものだけに絞って尖らせることで、

切れ味のある面白い文章になります。

 

もちろん例外はありますが、

基本的にはこういう性質を持っています。

 

なので、単純に難しいのです!

 

小学生でこれが完璧にできたら、

結構天才だと思います。

 

そして、もうお気づきのように、

「完成されたサウンド」を求める

いわゆる作曲というのは、

この「作文」とまったく同じ性質を持っています!

 

無駄な音を省き、必要なものだけに絞りあげて、

ブラッシュアップすることで、どんどん完成形の曲に近づきます。

 

だからこそ、素人には絶対できない領域だし、

まさに職業音楽家の皆さんに

丸投げしておくべき作業なわけです!(笑)

 

 

でも、「作文」は苦手な人が多かったとしても、

「フリートーク」はどうでしょうか?

 

苦手とか得意とかの次元ではなく、

単純におしゃべりというのは、

「好き」な人がほとんどではないでしょうか?

 

その場にたまたま集まったメンバーで、

特にテーマも限定することなく、

その時思った事を投げかけ、それにこたえていく。

そして、会話が成立していく…。

 

こういったいわゆる「フリートーク」は

多くの人が自然にこなしているし、

大抵の場合、楽しんで参加しているのではないでしょうか!?

 

もうお気づきのように、

「ジャムセッション」というのは、

この「フリートーク」とまったく同じ性質を持っています。

 

フリートークを音でやっているのと

まったく同じと思ってもらっても

誤解はほぼないでしょう!

 

 

そしてここからが本題!

 

この様に、フリートークのノリで、

楽しく気軽に、沢山のメンバーと音を紡ぐからこそ

産まれてくるサウンドと言うのが、確実にあります!

 

ガチンコの「作曲」

で生まれるようなサウンドは出せませんが、

逆に言うと、「作曲」では絶対に生まれないサウンドが、

セッションだと生まれるのです!

 

 

しかもさらなる利点があります。

 

「作曲」だと、

どうしても1人の頭の中で推敲しなければならないので、

作曲者1人のその時点での能力以下のものしか生まれません。

 

ところが、「ジャムセッション」だと、

一緒にやるメンバーはもちろん、

やる場所、空気、機材、道具、時間帯、

などなど全ての身の回りの要素が関連して、

バリエーションのあるサウンドが産まれるのです!

 

 

だからこそ、人の脳がフル回転し、

本当に「小一時間」で曲ができてしまったりします!!

 

しかも、「フリートーク」と同様、

問答無用で楽しい!!

 

ウンウン唸りながら、

自分と闘いつづけなければいけない…、

という時間はほぼ皆無となります。

 

だからこそ、いい意味でラフで、

面白いサウンドが産まれるのです!

 

 

ここで僕は思います。

 

 

「小一時間でふざけた音楽つくってもいいじゃない!」

 

 

極限まで推敲され、完成されたサウンドも素晴らしい。

 

でも、表現というのはそれだけじゃない。

 

 

楽しくてふざけたサウンドを許容できれば、

誰でも自由にサウンド創りはできる!

 

そんな文化が日本に浸透したら、

これまた結構面白い事になるんじゃないか!?

 

と、個人的には考えています。

 

 

なんて、最近の僕の頭の中でした。

 

今日も一日ジャムセッション講座!

相も変わらずガツンとグルーヴさせていきます!!

ban1

 - セッションの心構えについて

  関連記事

アドリブレッスン
【小学生にもわかるアドリブ理論!?】

小一時間でふざけた音楽つくってもいいじゃない!? 「ここまでの流れ」 1「社会人 …

no image
チャンスへの嗅覚!?

小一時間でふざけた音楽つくってもいいじゃない!?この前面白い感想を頂きました。 …

no image
正確無比かつ誰とでも合わせられるリズム感とは!?

小一時間でふざけた音楽つくってもいいじゃない!? リズム感と一口に言っても、 様 …

イベント 集客 音楽
最高のファンのみを惹きつける真の集客力!?

小一時間でふざけた音楽つくってもいいじゃない!? 今日もちょっと趣向を変えて、 …

アドリブ 音楽理論 レッスン
オールジャンルプレイヤーへの最大の近道は…!?

小一時間でふざけた音楽つくってもいいじゃない!? 今日もちょっと趣向を変えて、 …

no image
女子高生とおじいちゃんにしか出せないサウンド!?

小一時間でふざけた音楽つくってもいいじゃない!?最近、僕たちのジャムセッション講 …

10923304_782551715160607_8277700866055003160_n
アドリブに向いていないと思っている人の特徴!?

小一時間でふざけた音楽つくってもいいじゃない!?「私はアドリブに向いていないんじ …

no image
音楽理論はグラデーション!?

小一時間でふざけた音楽つくってもいいじゃない!? 実は多くの人が、 ・理論を覚え …

no image
音楽的ルーツ作りの本質とは!?

小一時間でふざけた音楽つくってもいいじゃない!?都会に人口が集まり、 田舎が過疎 …

no image
三度の挫折を経験しても音楽を楽しみ続けた男の物語。

小一時間でふざけた音楽つくってもいいじゃない!?もしあなたが、 いくら練習しても …

ban1