人生はジャムセッションだ!

セッションを日本の文化にする社長「斉藤彰広」の人生をグルーヴさせる秘訣を集めたブログ!

*

ban1

楽器練習効率化のポイントは「ダウンサイジング」!?

      2016/01/17

楽器練習効率化のポイントは「ダウンサイジング」!?もしあなたが

世界の名だたるオーケストラをバックに、

最高のソロを披露するコンサートプレイヤーになりたいなら、

この記事はまったく役に立ちません。すぐに閉じて下さい。

 

でも、一生楽器を楽しみ、

そして一生をかけて上達したいと考える

アマチュア志向の方ならば、

最高に参考になると思いますので、

是非最後まで読み進めて下さい!

 

 

楽器を手にした人ならば必ず、

 

「もっと素早く上達できる練習は無いのかな?」

 

と、考えた事があるでしょう。

 

でも、そんな抜け道は無いよ!

なんて、教則本や音楽教室の先生に言われて、

地道に言われた事をこなしている、

なんて事はありませんか?

 

下手したら、

「一日8時間は練習したものです。」

 

なんて真顔で言われて、

よーし、少しでも近づけるように、

練習時間いっぱい確保するぞ!

と、無理をして生活を圧迫してしまう…。

 

と、そこまでは行かなくても、

無意識に「上達するには練習時間が必要だ!」

と考えてはいませんか?

 

もちろん、ある側面ではイエスです。

 

冒頭に戻りますが、

あなたがクラシックのコンサートプレイヤ―や、

超一流のスタジオミュージシャンを目指しているなら、

一日8時間以上の練習が絶対必要でしょう。

(8時間やってもなれない人の方が多い。)

 

ところが、一生楽しみたいアマチュア志向の人ならば、

この考え方は危険です。

 

というか絶対効果がでません。

 

なぜなら、

 

「長時間ぶっ続けて練習しないと身につかない

 超絶技巧をマスターする練習になってしまうから!」

 

それこそ習うより慣れろで、

長時間楽器を触りまくり、

体で覚えないと絶対プレイできない、

超絶技巧系のフレーズをマスターする練習に

無意識に突入してしまうからなのです。

 

そして、この手の体育会的練習に

耐えられる体を持った人は、

けして多くありません。

 

普通の人がこの練習を始めると、

まず間違いなくどこか体を壊します。

 

それこそ子どもの頃からやっていて、

体が異常にやわらかいとか、

ボディコントロールが天才的に上手いとかの、

才能がないと、ほぼ100%失敗します。

 

また、ある程度そういう練習をこなせてしまった人は、

しれっとした顔をして、

「8時間練習すれば上手くなりますよ。」

なんて言ったりします。

 

絶対いう事をきいてはいけません!(笑)

 

凡人の僕たちと、

天才の体は根本から構造が違うのです。

 

そこで、時間の面から考えても、

純粋な練習効率から考えても、

アマチュア志向の人にぴったりの指針があります。

 

それが、

 

【ダウンサイジング】

 

です!

 

 

ダウンサイジングとは、

読んで字のごとく、

サイズを小さくするということ。

 

楽器練習の場合は、

無意識に長時間練習しなければ!

と思ってしまう思考を思い切って捨てて、

逆に、

 

「練習時間を最高に短くするにはどうしたらいいかな!?」

 

という思考で考える事を差します。

 

この思考で練習メニューを考えていくと、

不思議な事に、

実は今の自分に全然必要ない練習を

結構沢山やっている事に気付くと思います。

 

そう!

 

大抵の普通の人は

一度に一つの事にしか集中できないし、

マスターすることはできません。

 

なので、究極にダウンサイジングし、

今の自分に必要な最高の練習一つだけに

絞り込むのです!

 

実は、訳もわからず色々なものに手を出すより、

この方がずっと練習としては効率的。

 

そして、一つできる事が増えると、

そこから派生して沢山の事に応用が利くので、

結局いろいろ手を出している人よりも、

実際の演奏スキルは素早く身についてしまうのです。

 

もうお気づきのように、

この「ダウンサイジング」で

練習メニューを考えると、

「時間の短縮」と同時に「練習効率の爆発的向上!」

を手に入れる事ができるのです!

 

時間のない現代人、

とくに社会人の方には超おすすめの練習法です。

 

ピンと来た方は是非参考にしてみて下さいね。

 

今日も一日ガツンとグルーヴさせていきます!

ban1

 - アドリブ練習法について

  関連記事

no image
出だしの一音をいつも失敗する人の特徴!

楽器練習効率化のポイントは「ダウンサイジング」!?いつも出だしの一音をミスってし …

no image
ミュージシャンは下半身を鍛えよう!?

楽器練習効率化のポイントは「ダウンサイジング」!?いきなり体育会系なタイトルです …

no image
本当に耳のいい人が聞いている音とは!?

楽器練習効率化のポイントは「ダウンサイジング」!?よく音楽的に耳がいいというと、 …

no image
ホントのリズムは3次元でできている!?

楽器練習効率化のポイントは「ダウンサイジング」!?「メトロノームのように正確なリ …

no image
フレーズの全キー練習は本当に必要!?

楽器練習効率化のポイントは「ダウンサイジング」!?さて、今回のテーマは 【フレー …

no image
セッションホストに必要な能力とは!?その4

楽器練習効率化のポイントは「ダウンサイジング」!?このシリーズもいよいよ完結編! …

no image
楽器演奏の大敵は忍び寄る操作主義!?その3

楽器練習効率化のポイントは「ダウンサイジング」!?しばらく空いてしまいましたが、 …

no image
レコーディングとレコーディングセッションの違いとは!?

楽器練習効率化のポイントは「ダウンサイジング」!?「レコーディングとは、  詳細 …

no image
セッション的マルチプレイヤーのススメ!その3

楽器練習効率化のポイントは「ダウンサイジング」!?前回、前々回と   …

no image
音無しでも伝わる音楽が究極系!?

楽器練習効率化のポイントは「ダウンサイジング」!?これはよくご紹介するエピソード …

ban1