人生はジャムセッションだ!

セッションを日本の文化にする社長「斉藤彰広」の人生をグルーヴさせる秘訣を集めたブログ!

*

ban1

セッションを最高に盛り上げる「大局観」とは!?その3

      2016/01/17

セッションを最高に盛り上げる「大局観」とは!?その3前回、前々回にわたり、

「音楽的大局観とは!?」というお話をしてきました。

 

※まだ読んでいない人はこちらから!

セッションを最高に盛り上げる「大局観」とは!?その1

セッションを最高に盛り上げる「大局観」とは!?その2

 

さて、結構多くの方にご興味をもって頂けたようなので、

今回を完結編!という形で書き下ろしたいと思います。

 

 

大局観てなんじゃらほい!?

というのが、理解していただけたところで、

いよいよ具体的な【音楽的大局観の身につけ方!】

をお伝えします!

 

具体的な練習法をこれからザーッとまとめますが、

目的を言ってしまうと、ただ一つ。

 

【確実に鳴っているのに、

 今あなたの脳がシャットアウトしている音に

 少しづつ意識を向けよう!】

 

これです。

 

というのも、

前回「暗黙知」という言葉を出しましたが、

まずは自分の中にこの世界があるんだ!

ということを理解しないと、

「大局観」は身につかないからです。

 

さらに言ってしまうと、

音楽的な暗黙知の世界、

つまり勘のレベルの世界に到達するには、

【理屈を詰めまくる!】

という作業が必要になるのも、

すでに多くの学者や先人プレイヤーが証明しています。

 

音楽理論、アンサンブル理論、演奏者のフィジカル理論、

等々、すべて言語化して理屈に落とせるものを、

やり尽くした先に暗黙知の世界、そして大局観に行きつく!

 

というのが、どうやら自然の法則です。

 

こう聞くと、なんだか難しそうだなぁ…、

と思いますよね?

 

でも、そう思った瞬間に、

あなたの心は閉じてしまい、

到底、暗黙知の世界を感じることはできません。

 

なので、これからのお話は、

「一生かけて楽しみながら身につけるものなのだ!」

「焦ったら絶対身につけられないものなのだ!」

と、肝に銘じて読んで下さい。

 

 

まず、確実に音なのに、

普段音として認識していないものを聴くことから始めます。

 

例えば、

 

「1 道を走っている車の音をよくきく。」

「2 電車の中で沢山の人の声を、意味ではなく音としてきく。」

「3 雨が地面に当たる無数の音を全体としてきく。」

 

などなどです。

 

例えば、1の車の音ならば、

普通の人は、「ブーン」くらいしか認識していません。

 

が、よく聞くと、

車体が風を切るザ―という音と、

エンジンのブーンと言う音、

(これを普通の人は主に聞いている)

そして、タイヤがアスファルトをこするバリバリ

という3つぐらいの音が聞こえてきます。

 

もっと耳が良くなると、

さらに沢山の音が一つの車から聞こえてきます。

 

というように、

あなたの耳は確実に聞き取っているのに、

脳がシャットアウトしている音に、

意識を向けると、ちょっとだけ音楽の世界が広がります。

 

 

そして次!

 

自然の音を聞くことがそれこそ自然になってきたら、

 

「1 バンドアンサンブル全体をいっぺんにきく」

「2 全てを風景として全体をみる練習をする」

 

この辺りの練習に移行します。

 

普通の耳の人は、

大人数のアンサンブルを聴くと、

どれか一つのパートに常に耳がフォーカスしています。

 

そこを、バンド全体をいっぺんに聞きとれるように

意識してきく練習をします。

 

この辺も細かいコツはあるのですが、

長くなるので、今回は割愛!

 

そして、耳だけではなく、

実は目も、人間と言うのは一つにフォーカスします。

 

カメラのピントを思い出せば理解しやすいですね。

 

でも、敢えてぼーっと全体をみる練習をします。

まさに、絵を見るような感じで、

町なみや人なみを見るようにしてみてください。

(でも、ぼーっとしすぎて事故らないように!)

 

そうすると、あなたの脳は、

沢山の情報をいっぺんにいれても耐えきれるように、

段々鍛えられていきます!

 

 

そして、これが最終段階!

いよいよ大局観の入り口に立ちます。

 

普段意識していない音が聞こえるようになってきたら、

今度は、それらの音から生まれる

「未来のサウンドをイメージ」します。

 

例えば、

「1 テレビの音声を消して見て、それに自分でBGMをつける」

「2 ラジオ等で知らない曲を聞き、

Aメロだけで止めてその後を自分で演奏する。」

 

などなどの練習が効果的です。

 

 

よく、アドリブの練習をすると、

「音が浮かばないんです!」

というお悩みを抱える人がいます。

 

でも、これ嘘です。(笑)

 

実はあなたの心の中には、

外部から音という刺激を受けたとたんに、

必ず反応して、何らかの音が鳴っています!

 

でも、まずは「アドリブなんてできない!」

と思いこんで、心が閉じてしまう事。

 

そして、表面的な音しか聞こえていないので、

意識に上る音の情報が少なすぎる。

 

という二つが原因で、こういうお悩みが生まれています!

 

 

そこで、ある程度沢山の音に意識が向けられるようになったら、

次は、そこから生まれる自分の音を前に出す練習に移る訳です。

 

ちなみに、1のテレビの音声を消す練習は、

かの有名なラテンブルースロックの雄、

カルロスサンタナが作曲するときに使う方法らしいです。

 

と、そんな補足は置いておいて、(笑)

何らかの音や映像をしっかり感じ、

それの先に生まれる未来のサウンド、

自分の心の中に自然に生まれたサウンドを、

少しずつ引っ張りだす練習をすると、

本当の意味で、ドンドンあなたの耳は良くなり、

「音楽的大局観」の真髄に近づいていきます!

 

 

是非試してみてください。

 

 

いやー、3回にも渡る連載にお付き合い頂き感謝!

 

他にも何か解明してほしいお題がありましたら、

遠慮なくコメント等でお伝え下さい。

 

イロコイとお金以外の問題なら、

全てバッチリお答えいたします!(笑)

 

 

冗談は置いておいて、今回はこの辺で。

 

今日も一日ガツンとグルーヴさせていきます!

ban1

 - アドリブ練習法について

Comment

  1. 匿名希望(笑) より:

    こんにちは。
    今日の記事も非常に勉強になりました。
    他のブログを読んでもそうですが、今回のも非常にわかりやすかったです。

    あとは、地道な訓練ですね(笑)
    訓練と書くとうんざりな印象ですが、
    一生かけて楽しみながら身につける、焦ったら身に付かない、という意識を持てば続きそうな気がしてきました。(笑)

    実際、車の音を聞いてみたのですが、言われてみれば他の音が聞こえてきて。
    楽しくなってきますね。
    走っている車までの距離によっても聞こえかたが違いますね。

    こっちもあんまり長くなるとあれなんで(笑)
    それでは、これからも楽しみにしております(^^

    • エレキっこ より:

      考え方と目の付け所が斬新で斉藤さんの記事は大好きです。普段気づきにくい大切なこと(それも自分の楽器が何であれミュージシャンの土台となること)が非常に多くて読んでいてすごくためになります!

      アンサンブル全体を聞くコツも知りたいです!!!!

      • 斉藤 彰広 より:

        ありがとうございます!
        全ての楽器共通の基本をなるべく書こうと思っています。
        アンサンブルのリクエストにもお答えいたします!

    • 斉藤 彰広 より:

      車の音も、ちょっと意識するだけでかわりますよね。
      是非一生楽しんでみてくださいね!
      人生がグルーヴすること間違いなし!!

  2. よういち より:

    とても参考になりました!
    よいグルーヴを出すためには、耳を鍛えることが絶対に必要です!
    自分が到底追いつけないレベルでグルーヴしたりアドリブする方を目の当たりにすると、まるで魔法使いかのように思えることがありましたが、それはまさに彼らがこのような感覚を少なからず身につけているからなんですね!
    その方に「どうしたらあなたのようになれますか?」と直接アドバイスを求めたところ、「いろいろな音楽を聴くことです」と、お答えをいただきました。(簡素な言葉ですが別にもったいつけているわけではなく、彼からの最大限の助言だと感じました)
    どうにも抽象的で、「ただ好きなようにきいてればいいのかな?」と思いをめぐらせていたのですが、この記事を読み、彼が言いたかったことはまさしくこれだ!と合点がいきました!

    こういった言語化しづらい感覚?を説明するのは経験のあるプレイヤーでもむずかしいですし、それを文章で表現するのはとってもたいへんだと思います。もしかしたらこういうことをできるのは日本でも数人しかいないかもしれません!

    いつも貴重なお話をありがとうございます。
    内容を実践して、僕の人生ももっとグルーヴさせていきます!

    • 斉藤 彰広 より:

      お役に立てたようで嬉しいです!
      さらに人生をグルーヴさせていってください!!

  関連記事

no image
教則本コレクターになっていませんか!?

セッションを最高に盛り上げる「大局観」とは!?その3 新年も明けて、 心新たに目 …

no image
楽器演奏の大敵は忍び寄る操作主義!?その3

セッションを最高に盛り上げる「大局観」とは!?その3しばらく空いてしまいましたが …

no image
スピード重視のイメージトレーニングとは!?

セッションを最高に盛り上げる「大局観」とは!?その3「どうやったらそんな瞬時に …

no image
ミスタッチが多い人の最大の特徴とは!?

セッションを最高に盛り上げる「大局観」とは!?その3昨日のブログでミスタッチにつ …

no image
楽器が上達するプレイバックの聞き方!?

セッションを最高に盛り上げる「大局観」とは!?その3   前々回 「た …

no image
最高の楽器メンテナンス方法とは!?

セッションを最高に盛り上げる「大局観」とは!?その3日本には四季があるので、 常 …

no image
本当に耳のいい人が聞いている音とは!?

セッションを最高に盛り上げる「大局観」とは!?その3よく音楽的に耳がいいというと …

no image
ジャンルの壁をぶち破る人の意外な音楽的特徴!?

セッションを最高に盛り上げる「大局観」とは!?その3この前の記事への感想で、 「 …

no image
音楽は、1に感性2に理論、34がなくて5に技術!?

セッションを最高に盛り上げる「大局観」とは!?その3この前、ジャムセッション講座 …

no image
テクニックVSストーリー展開!アドリブに重要なのはどっち!?

セッションを最高に盛り上げる「大局観」とは!?その3「アドリブセッションで重要な …

ban1