人生はジャムセッションだ!

セッションを日本の文化にする社長「斉藤彰広」の人生をグルーヴさせる秘訣を集めたブログ!

*

ban1

民族楽器スティールパンとのジャムセッションのコツ!?

      2016/01/17

民族楽器スティールパンとのジャムセッションのコツ!?カリブ海に浮かぶ島国「トリニダードトバコ」

という場所をご存じでしょうか?

 

そこはまさに南国、

知る人ぞしる音楽の国でもあります。

 

そして、国の民族楽器として長年愛されている楽器

「スティールパン」

 

ドラム缶を切り抜き、

叩いて加工することで

倍音豊かな優しく、かつ力強いサウンドを出す楽器です!

 

実際のサウンドはこちら。

 

この動画は、

先日のジャムセッション講座の様子の一場面。

 

実は、既に日本にも沢山のスティールパンファンがいて、

毎月のようにイベントやライブで演奏されているのです!

 

そんな楽器をプレイする方が、

僕らの講座にも遊びに来てくれています!

 

叩けば音の出る

とってもシンプルな楽器ですが、

ラテンはもちろん、スタンダードなジャズ、

はては大人数アンサンブルになって

ロックなグルーヴに対応してしまうなど、

かなり柔軟性の高い楽器でもあります。

 

その音色から、

癒し系のイメージを持つ人が多いようですが、

それだけではないところが、

この楽器の本質的な魅力だと、個人的には思っています!

 

そして、そんなスティールパンと

普通のバンドで使われる

ギターやベース、エレピといったエレクトリック楽器。

 

これらがアドリブセッションするときに、

大事なコツがある事に、最近気づきました!

 

そのコツとは、

 

【音量と音域に気をつける事!】

 

まず、スティールパンは

金属でできています。

 

ドラム缶を切りだして作っているので当たりまえ。

 

なので、金属特有の

アタックの強い独特の音色が出ます。

(動画を見てもらえば一聴瞭然!)

 

叩いた時のキン!という音が、

初めにアタックとして耳に入ってきます。

 

でも、実際に一番おいしいところは、

このアタックの次の音!

 

よく動画を見てもらえば聞こえてきますが、

キン!という音の後に、

ふくよかな倍音成分に溢れた、

独特の優しい音色が出てきています。

 

ロールと呼ばれる、

両手で同じ音程を連続して叩き続け、

音を持続させる方法をパン奏者は多用しますが、

それも、アタックをなるべく消して、

倍音の部分を前面に出すために、

自然と身についてきた伝統奏法のような気がします。

 

なので!

 

他の楽器と比べても、

かなりエレキ楽器プレイヤ―は音量を絞る事が大事!

 

普通の楽器と同じ感じで音量イメージすると、

キン!というアタックは聞こえても、

その後の倍音が綺麗に埋もれてしまうこと必至!

 

パン奏者とセッションするときは、

本当に音量の設定が大事になってきます。

 

さらに!

 

スティールパンは、

ドラム缶をくり抜いて作っているため、

特性上、約2オクターブ強の音域しかありません。

 

ギターは3オクターブ以上ありますから、

比較的音域のせまい楽器です。

 

そして、先ほども書いたように、

倍音成分が音色の中核となる特徴的楽器。

 

なので、高音域を埋めてしまうと、

これまた綺麗に魅力が半減してしまいます。

 

特に、ドラムのシンバルワークが肝です!

 

シンバルも倍音成分の塊のような楽器ですが、

このシンバルの音域と、

スティールパンの美味しい倍音の音域が、

かなり被っている事がおおいです。

 

もちろん、スティールパンと一口に言っても、

様々な音域の楽器があるし、

シンバルにも様々な大きさや厚さがあるので、

ケースバイケースではあります。

(因みに、動画の中のパンは

テナーパンという音域の種類だそうです。)

 

が、

倍音成分が多い音色の楽器である事は間違いありません!

 

なので、考えなしにガシャーンとシンバルを叩くと、

やはり綺麗にスティールパンのおいしいところが

かき消されてしまいます。

 

シンバルが一番顕著ですが、

ピアノの最高音域や、ギターのハーモニクスの音域も

結構おいしいところと被ってきます。

 

なので、音域に特に注意して、

程よく混ざるところを見つけられると、

とっても綺麗なアンサンブルになるとおもいます!

 

 

という風に、

普段なかなか一緒にプレイできない楽器と合わせると、

とっても面白いことに気付けるのも、

ジャムセッションの魅力の一つ。

 

そして何より、

こうやって耳が開いていくと、

一般的なバンド楽器とセッションしても、

「あ!あのギターは普通のギターより倍音が多い!」とか、

「お!あのシンバルは綺麗に音色がまとまっているな!」

などの、新しい気づきが産まれることも、

かなり音楽を楽しくしてくれます!

 

やはり新しい音、

つまり新しい人との出会いが

音楽を、そして人生をグルーヴさせてくれます!

 

先日のセッションととっても楽しかったです。

ありがとうございました!

 

最後にもう一度動画貼り付けておきます。

 

そして、この勢いを借りて、

今週もガツンとグルーヴさせていきます!!

ban1

 - セッションレポート

  関連記事

no image
やっぱりおもろいレコーディングセッション!

民族楽器スティールパンとのジャムセッションのコツ!?まず始めに。  レコーディン …

no image
バーベキューの予行演習と言う名の遊びDAYレポート!

民族楽器スティールパンとのジャムセッションのコツ!?来月の9月23日(日)に ジ …

no image
アドリブエンターテイメントライブご参加ありがとうございました!

民族楽器スティールパンとのジャムセッションのコツ!?だいぶ遅くなりましたが、今と …

no image
知らない人とその場でセッションする秘訣!?

民族楽器スティールパンとのジャムセッションのコツ!? この間、FTJS!の忘年会 …

no image
20代~60代まで!3世代セッションの夢かなう!?の巻

民族楽器スティールパンとのジャムセッションのコツ!?実は、まえまえから僕の人生の …

no image
スティービーワンダーでワンダリング吉祥寺な一日!セッションレポート!!

民族楽器スティールパンとのジャムセッションのコツ!?スティービーワンダーでワンダ …

no image
病と音楽は気から!?

民族楽器スティールパンとのジャムセッションのコツ!?この前面白い話を聞いたので …

no image
遊ぼうセッション満員御礼感謝!レポート

民族楽器スティールパンとのジャムセッションのコツ!?週末はやはり人が集まるので、 …

no image
突然ですが、バンド組みました。

民族楽器スティールパンとのジャムセッションのコツ!?全く突然ですが、バンド組みま …

no image
60代ハーモニカプレイヤ―とのノ―ジェネレーションギャップセッション!

民族楽器スティールパンとのジャムセッションのコツ!?今回は趣向を変えて、 FTJ …

ban1