人生はジャムセッションだ!

セッションを日本の文化にする社長「斉藤彰広」の人生をグルーヴさせる秘訣を集めたブログ!

*

ban1

感情語と論理語の間にある音楽の関係!?

      2016/01/17

感情語と論理語の間にある音楽の関係!?-とある統計で、

「ウザい」「ダルい」「ムカつく」などの、

いわゆる感情語を沢山使う人が増えてきた。

 

という話を耳にしました。

 

感情語というのは、

その名の通り「感情を表す言葉」

 

ネガティブな言葉だけではなく、

「楽しい」や「うれしい」も感情語です。

 

逆に論理語というのもあるそうです。

 

論理語とはまさにはっきりと計れる言葉。

 

代表は何と言っても数字でしょう。

 

「音は秒速360メートルです。」

 

というのは間違いなく論理語です。

 

 

で!

 

ここまで理解できると、

「感情語」と「論理語」の一番重要な差が見えてきます。

 

それは、

 

【感情語は伝わらない。論理語は伝わるけど熱がない。】

 

もしかしたら、

人によっては反対の印象をお持ちかもしれません。

 

楽しい!や嬉しい!などの感情語の方が、

心がこもりやすいので他人に伝わる。

 

論理語は理屈っぽすぎて、

頭が混乱するので伝わらない!

 

そう思う人も意外と多いかもしれません。

 

でも、実は反対なのです!

 

例えば、

 

「今日のライブは楽しかった!」

 

という言葉は、

それだけきくと「どれだけ楽しかったのか?」

は、はっきり言って全然わかりません。

 

「10段階で9くらい楽しかった!」

と、数字を入れて論理語にすれば、

楽しかった!という感情の熱は失われますが、

ほとんどの人に誤解なく楽しさを伝える事ができます。

 

このように、

事実をありのままに伝えようと思うと、

実は感情語はまったくの役立たず。

 

多少熱は冷めますが、

論理語の方がはるかに適しているのです。

 

と言う訳で、

「ウザい」「ダルい」「ムカつく」などの

ネガティブな感情語が口癖になっている人は、

実は全然伝わっていないので、止めたほうが無難です。(笑)

(感情が伝わらないと、愚痴ってそもそも意味ないですよね!?)

 

 

そして!

 

ここからが本当の結論です!!

 

感情の熱を保ったまま、

ものごとを伝える最高の方法が、

世の中にはあります。

 

そう!

 

何を隠そう、それこそ「音楽」だったのです!!

 

感情語と論理語の間にある位置関係。

二つのいいとこどりと考えてもらうと

イメージしやすいかもしれません。

 

 

音楽は言ってしまえば数字のマジックです。

 

例外は色々ありますが、

基本的には「12音の音列」と

「一拍をいくつかの数字で均等に割ったリズム」

の組み合わせでできています。

 

こうかくと血も涙もない感じがしますが、(笑)

実際に音楽そのものと言うのはそういうものなのです。

 

でも、

曲によって、プレイヤ―によって、

同じ組み合わせのサウンドでも

全然フィーリングが変わります!

 

今も僕が無意識に「フィーリング」

なんて感情語を使ってしまいましたが、

まさにこれが音楽だと伝わってしまうのです!

 

もっと言ってしまうと、

それこそがアートなのです!!

 

論理的で矛盾なく作られた曲や組み合わせに

人が感情をこめることで歪みが産まれる。

 

その論理と感情が最高のバランスで両立した時、

まさに人はアートを感じるのだと思います!

 

そしてその瞬間、

伝わらないはずだった感情が伝わります!

 

 

先ほど例に出した、

 

「今日のライブはたのしかった!」

 

という言葉。

 

 

これは、そのライブを見た人が

見ていない人に言うと、

途端に伝わらない感情になります。

 

が!

 

さっきまで同じ会場の空気を吸い、

同じ雰囲気とサウンドを体感したもの同士なら、

なんと感情を共有できてしまう言葉になるのです!

 

まさにこれが、音楽がアートである証拠であり、

音楽の本質的な力だと思います。

 

そして、

人間は感情を共有するとなぜか幸せを感じます。

 

同じアートを感じて、同じように感動出来た人同士は、

かなり強く繋がれます。

 

実は、この本質的な音楽の魅力を広げたくて、

僕はジャムセッションを教えている!

と言っても過言ではありません。

 

 

と、振り返ってみると、

この文章も熱くなってしまい、

感情語が多くて伝わりづらい!(笑)

 

と言う訳で、僕もミュージシャンの端くれなので、

この先の感情はライブにて

生のサウンドでお伝えしていこうと思います!

 

今日も一日ガツンとグルーヴさせていきます!

ban1

 - セッションの心構えについて

  関連記事

no image
正確無比かつ誰とでも合わせられるリズム感とは!?

感情語と論理語の間にある音楽の関係!? リズム感と一口に言っても、 様々なリズム …

no image
エレキ楽器とアコースティック楽器のアンサンブル!?

感情語と論理語の間にある音楽の関係!? 普通は クラシックならアコースティック楽 …

no image
音楽的ルーツ作りの本質とは!?

感情語と論理語の間にある音楽の関係!?都会に人口が集まり、 田舎が過疎化していく …

10923304_782551715160607_8277700866055003160_n
アドリブに向いていないと思っている人の特徴!?

感情語と論理語の間にある音楽の関係!?「私はアドリブに向いていないんじゃないでし …

no image
ゴールよりプロセスを楽しむのがセッションの醍醐味!?

感情語と論理語の間にある音楽の関係!?過去の思い出というのは、 苦しいものであれ …

no image
どんなにセンスが無くてもリズムが良くなる方法!?

感情語と論理語の間にある音楽の関係!?いきなり話は変わりますが、 「肩コリ」がご …

no image
セッションをすると何で楽器が上手くなるんですか?

感情語と論理語の間にある音楽の関係!?「セッションをすると何で楽器が上手くなるん …

no image
リズムの正確さが欲しい人の天敵と最高のパートナー!?

感情語と論理語の間にある音楽の関係!?【リズムは3次元シリーズ】第3弾行きたいと …

no image
ピアノから見たアンサンブルのメリットとデメリット!?

感情語と論理語の間にある音楽の関係!?もちろん全ての楽器奏者に 参考になる内容で …

no image
なぜ毎日セッションするの!?

感情語と論理語の間にある音楽の関係!?超根本的な質問を受けたので、 この場を借り …

ban1