人生はジャムセッションだ!

セッションを日本の文化にする社長「斉藤彰広」の人生をグルーヴさせる秘訣を集めたブログ!

*

ban1

楽器演奏の大敵は忍び寄る操作主義!?その3

      2016/01/17

楽器演奏の大敵は忍び寄る操作主義!?その3しばらく空いてしまいましたが、

結構沢山の方に反響頂いたので、

再開いたします!

 

前回まで、

 

操作主義ってそもそも何?

操作主義の克服法の基本!

 

について解説してきました。

 

今回は

さらに具体的な操作主義の克服法に入って行きます!

 

 

まずは結論から行きましょう!

 

 

【あなたの体が発する小さな声に敏感になろう!】

 

 

例えば分かりやすい例として。

 

肩にできるだけ力を入れていからせ、

首をすぼめるような体勢を作ってみてください。

 

その状態で手を上に上げてみてください。

 

その時の肩周りの感じをよく覚えておいてください。

 

 

その後、普通に肩の力を抜いて、

手を上げてみて下さい。

 

明らかに手が上げやすい事に気づきましたか!?

 

きっと首をすぼめて手を上げた時は、

肩周りの筋が張る感じ、

引っ張られる感じを感じたと思います。

 

実はこの「筋に違和感がある感じ」

これこそがあなたの体が発している小さな声なのです!

 

もちろん他にも様々な形で声を発するのですが、

筋の張る感じが初心者には一番わかりやすいでしょう。

 

明らかに違和感を感じられるはずです。

 

 

ところが!

 

多くの人はこの筋が張るような違和感を

「練習不足だからそうなるんだ…。」

と、無理やり体に納得させて練習を続けています。

 

よく意識してみれば、

上手くいかないフレーズを弾いている時は、

体のどこかの筋が張っているはずです。

 

だから、いくらやっても上達しないし、

しまいには体を壊すのです。

 

これぞまさに

「自分の体への操作主義を発揮してしまった瞬間!」

でもあります。

 

体は明らかにその動きは不自然だし、

違和感があるんだよ!と小さな声を振り絞っているのに、

あなたの意識が、それを無視し、

そんな甘ったれた事をいうな!

とでも言わんばかりに、強制的に、

無理な動きを体に練習させてしまっている証拠でもあります。

 

これぞ操作主義以外のなにものでもありません。

 

と言う訳で、

もうあなた自ら、自分の体を無理やり動かし、

むやみに操作するような練習はやめてあげましょう。

 

これに気づくだけで、

あなたは上達するだけではなく、

心も穏やかになり、音楽を心から楽しみ、

最後には体まで健康になること請け合い!

 

ピンと来た方は是非参考にしてみて下さいね。

 

次回はいよいよこのシリーズの最終回!

普段の生活の中から操作主義を克服するアイデアについて

まとめる予定です。

 

どうぞお楽しみに。

 

今日も一日ガツンとグルーヴさせていきましょう!

 

ban1

 - アドリブ練習法について

Comment

  1. 匿名希望 より:

    おはようございます。
    今日もブログありがとうございます。
    非常に勉強になりました。

    自分などは楽器を始めて間もないので、早く自由に弾けるようになりたい!という思いが強すぎて、つい操作主義になり、筋を痛めかかった事もありました。

    もう今は大分おちつきましたが、まだ少し操作主義が残っている感がありますので、次の回も楽しみにお待ち申し上げます。

    p.s.お年玉ありがとうございました!(^o^)
    残念ながら環境がまだ整っていなくて参加できませんが、お年玉の嬉しさを久々に味わわせて頂きました(^o^)
    嬉しかったです。ありがとうございました(^^)

    • 斉藤 彰広 より:

      いつもご感想ありがとうございます!

      参考にして頂けているようで嬉しいです。

      そしてお年玉って良い響きですよね。
      楽しんで頂けたなら幸い!

      今年もガンガン更新していきますので、
      どうぞよろしくお願いします!

  関連記事

no image
セッションでエンディングを失敗する人の特徴!?

楽器演奏の大敵は忍び寄る操作主義!?その3「アドリブセッションだと、 いつもエン …

no image
セッション的マルチプレイヤーのすすめ!その5

楽器演奏の大敵は忍び寄る操作主義!?その3今までのところ、 「マルチプレイヤーに …

no image
同じ楽器練習時間でも劇的に効果を上げる方法 !?

楽器演奏の大敵は忍び寄る操作主義!?その3どうせ練習するなら、 短い時間で最大の …

no image
スピード重視のイメージトレーニングとは!?

楽器演奏の大敵は忍び寄る操作主義!?その3「どうやったらそんな瞬時に フレーズが …

no image
セッションホストに必要な能力とは!?その3

楽器演奏の大敵は忍び寄る操作主義!?その3このシリーズも第3回目。   …

no image
フレーズの全キー練習は本当に必要!?

楽器演奏の大敵は忍び寄る操作主義!?その3さて、今回のテーマは 【フレーズの全キ …

no image
習慣をすてる習慣を身に付けるのがテクニック向上のコツ!?

楽器演奏の大敵は忍び寄る操作主義!?その3常に成長し続ける人と、 どこかで進化が …

no image
「学校のチャイムのアドリブセッション的秘密!?」

楽器演奏の大敵は忍び寄る操作主義!?その3「学校のチャイムの音」って覚えてますか …

no image
レコーディングすると楽器は上手くなるは嘘?ホント?

楽器演奏の大敵は忍び寄る操作主義!?その3 よく、楽器を上達させるには、 録音( …

no image
セッション的マルチプレイヤーのススメ その6

楽器演奏の大敵は忍び寄る操作主義!?その3いよいよ今回でシリーズ完結! &nbs …

ban1