人生はジャムセッションだ!

セッションを日本の文化にする社長「斉藤彰広」の人生をグルーヴさせる秘訣を集めたブログ!

*

ban1

セッションホストに必要な能力とは!?その4

      2016/01/17

セッションホストに必要な能力とは!?その4このシリーズもいよいよ完結編!

 

今までのところ、

 

第1回「セッションホストに一つだけ必要な究極の能力」

第2回「1コーラス先を予測しながらプレイする!?」

第3回「メンバーがホストに一番求めるリカバー力!?」

 

といった感じでお送りしてきました。

 

そして、今回は完結編ということで、

 

「事前コミュニケーション能力」

 

という、

いいホストプレイヤ―は

必ず持っている力について解説します。

 

 

セッションの現場に行くと、

いくらアドリブとはいえ、

本当になにも打ち合わせなく

音楽がスタートすることはまれです。

 

必ず曲を始める前に、

短い「事前打ち合わせタイム」があります。

 

実はその「事前打ち合わせタイム」こそが、

ホストの腕の見せ所!

 

この時点でそのセッションが

成功するのか失敗するのか決まってしまう…。

 

と断言してもOKなくらい、

隠れた重要ポイントです。

 

まず、普通の事前打ち合わせでは

何を話し合っているのかと言うと、

 

1 何の曲(コード進行)をプレイするか?

2 テンポはどのくらいか?

3 イントロはカウントか?それとも誰かつけるか?

4 特別な「しかけ」はあるか?なしか?

 

大体このくらいのことをパッと確認しています。

 

1,2はセッションしたことのない人も

想像しやすいかと思います。

 

何か曲をやるのか?

やるならどの曲をやるのか?

そして、そのテンポはどのくらいでやるのか?

 

これさえ決まれば、

音楽になる最低限の情報です。

 

さらに3番、セッション特有の打ち合わせとして、

「イントロ」があります。

 

曲によってはお決まりのイントロもあるので、

話し合う必要すらない場合もあります。

 

が、基本的にはドラマーのカウントで入るのか?

それとも誰かがオリジナルのイントロをつけるのか?

という選択が生まれます。

 

それをきちっと決めてから

セッションをスタートします!

 

最後の4「しかけ」は、

これぞセッション独特のマナーですね。

 

例えばよくあるのは、

もともと8ビートの曲なんだけど、

今回はジャジーな4ビートでやってみよう!

さらにサビではファンキーな

16ビートにリズムチェンジで!!

 

などという、

その場でパッとリズムアレンジを

提案する場合があります。

 

さらには、一部コード進行を変えたり、

転調させたりと、

さまざまな「しかけ」を用意して、

簡易セッションアレンジを施す事が、

上級者になればなるほど増えてきます。

 

この辺りの「しかけ」も

やるのか?やらないのか?

やるならどうやるのか?

 

を事前に話し合っておく必要があります。

 

 

と、ここまでは並みのセッションホストでも

それなりにやっています。

 

 

優秀なセッションホストは

ここからさらに、

その【事前コミュニケーション力】

を発揮させていきます!

 

具体的には、

 

【できないことは

ちゃんとできないと言える環境作り!】

 

この役目をしっかり果たしてくれます。

 

 

どういうことかというと。

 

初めて出会う人と

アンサンブルすることの多いセッションなので、

 

「参加者がどの程度のレベルなのかわからない!」

 

実際に音を出すまで、

その人の本当の実力は分からないわけです。

 

たまたまかなりの猛者で経験豊富ならばいいでしょう。

 

でも、本当に初めてセッションに参加した人は、

「何ができないのかすらわからない!」

という状態の人もかなり多いです。

 

セッション特有の専門用語で

バリバリ打ち合わせさせられてしまい、

なんだかよくわからないままセッションスタート。

そして見事に撃沈!

 

というパターンが、実際おこっているのです!!

 

「できないなら出来ないって言えよ!」

なんて経験者は軽々しく言い放ちます。

 

自分もそんな初心者の時期があったのに、

それをスコーンと忘れて

平気でそういうことを言ったりします。(笑)

 

なので、起きてしまってからでは遅いのです。

 

事前コミュニケーション力の高いホストは、

その時の初心者のみじめな気持ちを良く分かっているので、

事前打ち合わせであまり発言しない人にこそ

強い注意を払います。

 

この人は本当に「何でもこい!」の

強い心境からものを言わないのか?

 

それとも、そもそも理解できないので

縮こまってしまっているのではないか!?

 

その判断にかなり気を使っています。

 

なので、

全ての人が発言しやすいような雰囲気を作り、

かつ、良く分からない事はやらなくてもいい!

あなたが楽しむことが最大の目的ですから!!

 

という意思を、

その態度と言動で強く示します。

 

すると、

周りの経験者まで初心者をサポートしようと

頭を働かせ始めるから不思議です。

 

これぞ【事前コミュニケーション能力!】

 

そしてこの能力が高いホストになればなるほど、

実際のプレイも素晴らしく感動的であることが多いのも、

不思議な法則です。

 

と言う訳で、

どんな人が参加するか分からないセッションでも、

しっかり事前コミュニケーションをとり、

最終的にはバンドを一つにしてしまう!

 

そんなセッションホストを

参加者はみんな求めているのです。

 

 

これにてこのシリーズも完結!

最後までお付き合い頂いた読者の方に感謝。

 

今日も変わらずガツンとグルーヴさせていきましょう!

 

ban1

 - アドリブ練習法について

  関連記事

no image
楽器演奏の大敵は忍び寄る操作主義!?その3

セッションホストに必要な能力とは!?その4しばらく空いてしまいましたが、 結構沢 …

no image
楽器の上達を目指すなら笑顔を磨け!?

セッションホストに必要な能力とは!?その4  「顔の筋肉と全身の神経は …

no image
スピード重視のイメージトレーニングとは!?

セッションホストに必要な能力とは!?その4「どうやったらそんな瞬時に フレーズが …

no image
ホントのリズムは3次元でできている!?

セッションホストに必要な能力とは!?その4「メトロノームのように正確なリズムが欲 …

no image
「学校のチャイムのアドリブセッション的秘密!?」

セッションホストに必要な能力とは!?その4「学校のチャイムの音」って覚えてますか …

no image
フレーズの全キー練習は本当に必要!?

セッションホストに必要な能力とは!?その4さて、今回のテーマは 【フレーズの全キ …

no image
メロディックなプレイヤーになるにはどうしたらいいですか!?

セッションホストに必要な能力とは!?その4フェイスブックフレンドの方から直メッセ …

no image
管楽器プレイヤーがアドリブ苦手になる理由!?

セッションホストに必要な能力とは!?その4 今回のテーマは 【管楽器プレイヤーが …

no image
セッションでエンディングを失敗する人の特徴!?

セッションホストに必要な能力とは!?その4「アドリブセッションだと、 いつもエン …

no image
教則本コレクターになっていませんか!?

セッションホストに必要な能力とは!?その4 新年も明けて、 心新たに目標を立て、 …

ban1