人生はジャムセッションだ!

セッションを日本の文化にする社長「斉藤彰広」の人生をグルーヴさせる秘訣を集めたブログ!

*

ban1

憧れの人のエッセンスを見極めて混ぜる!?

      2016/01/17

憧れの人のエッセンスを見極めて混ぜる!?「いつでもどこでだれとでも!

音さえあればコミュニケーションがとれる!!」

 

それがジャムマスター。

 

そして、このクラスのアドリブプレイヤ―になれる人に

共通する傾向が見えてきたので、

またまたこのブログでシェアします!

 

まず最初にお伝えしたいのは、

ジャムマスターには誰でもなれるということ。

 

ただし、そこへ行く前に3段階の壁があります!

 

そして、自分が今、

どの壁にぶつかっているのか、

この質問に答える事で明確に見えてきます。

 

 

「誰か憧れのプレイヤ―はいますか?」

 

 

この質問に対して、もちろん

ひとそれぞれ細かい返答の違いはありますが、

ザックリ分けると3つの傾向があります。

 

【1 いや、特にいません。】

 

【2 誰々みたいになるのが夢です。】

 

【3 誰々のこんなところと誰々のこんなところを

   合わせたようなプレイヤ―になりたいです!】

 

 

答えから言ってしまうと、

3の回答をできる人が一番ジャムマスターに近いです!

 

 

順をおって説明していきましょう!

 

冒頭で「ジャムマスターには誰でもなれます!」

と僕は豪語しました。

 

これに嘘偽りはありません。

 

しかし、そうはいってもやはり

かなり遠い人というのも「2タイプ」ほど、

確実にいらっしゃいます。

 

1タイプ目は

『アドリブセッションをコミュニケーションではなく、

上達のための修業と捉えて難しくしてしまうプロ志望タイプ』

 

このタイプは、もう方向性が違います。

ジャムマスターを目指すより、

才能あふれるプレイヤ―ばかりでしのぎを削る

厳しい音楽業界に今すぐ飛び込むべきです。

 

また、必要以上に「自分オリジナル」

にこだわるのもこのタイプの特徴。

 

この志向に入った場合、

自分のおもった通りの生き方でないと

良い結果であれ悪い結果であれ納得しないので、

なかなか成長できません。

 

周りとのコミュニケーション、

つまり周りの大きな変化に反応するのが面白い

ジャムセッションでは、その志向自体が邪魔になります。

 

また、自分だけではなく、

周りの純粋に楽しみたい人にもプレッシャーを与えます。

 

なので、「ジャムセッションを日本の文化に!」

を掲げる僕の仕事の範疇ではないので、今回は割愛します。

 

 

2タイプ目は

『漠然とアドリブに憧れを抱くタイプ』

 

特にこんな風にアドリブしたいというイメージはありません。

 

でも、譜面や色々な音楽的制約から自由になる!

というその根源的なコンセプトに反応してしまう人です。

 

実は、このタイプの人達が、

かなりの確率で1の

【憧れの人は特にいません。】

と答えるタイプの人達です。

 

でも、アドリブの自由に憧れる

単純で純粋な興味があればそもそもOK!

 

是非、色んなジャンル、色んなプレイヤ―のアドリブを経験し、

早めにあなたの理想に近いプレイヤ―を見つけて下さい。

 

そして、

 

【2 誰々みたいになるのが夢です。】

 

と言えるようになってください。

 

この時点で、一つ壁を超えているはずです。

 

 

そして、2の答えを答えたくなった人。

 

そんな人は、あと一歩です!

セッション的には中級者といっても良いかもしれません。

 

憧れの人がいるので、

そのイメージが強力に脳内にこびりついています。

 

なので、どんな練習をして、どんなアドリブを取ればいいのか、

かなり明確にイメージしやすいので、

着実に1の答の人より成長しているはず。

 

ところが!

 

このレベルでもやはり壁が立ちはだかります。

 

その壁とは、

「様々なジャンルへの対応力がない!」

 

例えば、その憧れがロックプレイヤ―だとしましょう。

 

すると、ロックなセッションでは

そのイメージを存分に活かしてアドリブが可能です。

 

ところが!

 

グルーヴがジャズやファンク、ラテンになった瞬間に、

首をかしげ始めます。

 

それもそのはず。

 

強力な憧れを抱いたその1プレイヤ―だけのサウンドでは、

他のジャンルに対応するサウンドのイメージが

湧きづらいからです。

 

その結果、

 

「ロックは大丈夫だけど、ジャズは苦手…。」

「ジャズはいいけど、ファンクはだめ!」

等に代表される、

「ジャンルコンプレックス」

を抱え始めます。

 

これが2番目の壁です。

 

 

そして、その壁を越えた人が初めて、

 

【3 誰々のこんなところと誰々のこんなところを

   合わせたようなプレイヤ―になりたいです!】

 

という答えを回答し始めます。

 

 

これを言えるようになったら、

ジャンルコンプレックスを自然と

ある程度クリアしている証拠です。

 

 

音楽の知識や経験が増えるに従って、

耳と言うのは進化します。

 

10代の時は全然わからなかったけど、

歳をとったら今まで聞かなかった音楽が

自然と聞けるようになってきたよ。

 

という言動を周りで聞いたことがありませんか?

 

これはまさしく、経験が耳を進化させた証拠です。

 

子供の頃は「からし」や「ワサビ」がダメだったのに、

大人になるとその刺激が心地よくなる。

 

そんな感じに似ているかもしれません。

 

いずれにせよ、

経験が人の耳を進化させるのは間違いありません。

 

そして、セッションをすると、

ジャズやブルース、ファンク、ラテン

などなど、様々なフィーリングを表現する人が

身の周りに沢山現れます。

 

そして、その環境にしばらく浸かっていると、

今まで聞いたことがないジャンルにも

耳が開いていくことが多いのです。

 

そして、その過程で、

今までは神のように崇拝していた

憧れのプレイヤ―以外のプレイヤ―にも

強い興味が湧きます。

 

でも、初めに好きになった人を忘れる訳ではありません。

(この一文だけ読むと、まるで初恋の話のようだ!笑)

 

人間の脳とは不思議なもので、

好きになったサウンド同士と言うのは、

勝手にそのフィーリングを混ぜて表現しようとします!

 

 

いいかえると、

 

【憧れの人達のエッセンスを見極めて混ぜる!】

 

こういう試行錯誤を勝手にやり始めるです。

 

 

憧れの人が1人しかいないと、

もうその人になるしかありません。

(あやしい宗教とかはこの原理を利用している!?)

 

が!

 

憧れの人が複数できると、

「なぜ自分はその人達が好きなのか?」

と考え始めます。

 

その過程で、まずは共通点を探し。

 

ついには、

その人物そのものというザックリな憧れではなく。

 

「なぜ自分はこの人に憧れたのか?」

 

というエッセンスを見極め始めます!

 

そして、

その絞り込んだエッセンスが見えてくれば来るほど、

自分の中で自然に混ざり始めます。

 

そして自分と言うフィルターを通して、

他の人には、まるでオリジナルに聞こえるような

素晴らしい混合サウンドを

ナチュラルに発する事が可能になるのです!

 

 

と言う訳で、

ジャムマスタークラスの人は、

ほぼ例外なく、様々なジャンルに

様々な憧れの人を抱いています。

 

それらのエッセンスの結晶が、

あなたのオリジナルサウンドになり、

それを持つ事こそが

ジャムマスターの条件の一つなのです!

 

 

別にテクニックや音楽理論を完璧にしたからと言って、

ジャムマスタークラスには絶対仲間入り出来ないのです。

 

 

結論!

 

【複数の憧れの人のエッセンスを見極めて混ぜる!】

 

是非この基本を胸に、

今日から色々音楽を経験していってください。

 

 

まずは

 

「憧れのプレイヤ―はいますか?」

 

この質問に正直に答える事がスタートです。

 

多くの人にとって参考になれば幸い。

 

今日も一日ガツンとグルーヴさせていきます!

ban1

 - アドリブ練習法について

Comment

  1. 中河原 美緒 より:

    レスたー・ヤングのため息のような音とデクスター・ゴードンのすすり泣く音を出したいです!!(言ってしまった!w)

  関連記事

no image
アナウンサーの極意がアドリブセッションの極意!?

憧れの人のエッセンスを見極めて混ぜる!?アナウンサーの養成学校にいくと、 必ずこ …

no image
速いテンポのアドリブの具体的攻略法!?

憧れの人のエッセンスを見極めて混ぜる!? 前回の記事で 速いテンポの攻略法の基礎 …

no image
作曲ができない人の特徴とは!?

憧れの人のエッセンスを見極めて混ぜる!?作曲ができる人は、 自分なりのやり方を確 …

no image
セッションホストに必要な能力とは!?その4

憧れの人のエッセンスを見極めて混ぜる!?このシリーズもいよいよ完結編! &nbs …

no image
同じ楽器練習時間でも劇的に効果を上げる方法 !?

憧れの人のエッセンスを見極めて混ぜる!?どうせ練習するなら、 短い時間で最大の効 …

no image
習慣をすてる習慣を身に付けるのがテクニック向上のコツ!?

憧れの人のエッセンスを見極めて混ぜる!?常に成長し続ける人と、 どこかで進化が止 …

no image
セッションでエンディングを失敗する人の特徴!?

憧れの人のエッセンスを見極めて混ぜる!?「アドリブセッションだと、 いつもエンデ …

no image
セッション的マルチプレイヤーのすすめ!その5

憧れの人のエッセンスを見極めて混ぜる!?今までのところ、 「マルチプレイヤーにな …

no image
楽器演奏の大敵は忍び寄る操作主義!?その2

憧れの人のエッセンスを見極めて混ぜる!?前々回、操作主義の話で更新が止まっていま …

no image
ミュージシャンは下半身を鍛えよう!?

憧れの人のエッセンスを見極めて混ぜる!?いきなり体育会系なタイトルですが、 今回 …

ban1