人生はジャムセッションだ!

セッションを日本の文化にする社長「斉藤彰広」の人生をグルーヴさせる秘訣を集めたブログ!

*

ban1

楽器上達する人が必ず知っている3つのテクニック!?

      2016/01/17

楽器上達する人が必ず知っている3つのテクニック!?楽器を始めたからには、

少しでも上手くなりたい。

 

できればすぐに上手くなりたい!

 

そう思うのが人情です。

 

が!

 

そう思えば思うほど、

なかなかテクニックが向上しない人が

増えるのも不思議な事実!

 

でも、なぜそんな矛盾が起こるのか、

最近分かってきたので、

ここでまとめておきます。

 

 

答えから行きましょう!

 

【テクニックには、

 1 自己満足のテクニック

 2 反応するためのテクニック

 3 反応させるためのテクニック

の3つがある!】

 

そして、

意識的にしろ、無意識的にしろ、

楽器の上達が早い人は、

これらをしっかり分けて考えています。

 

詳しく説明していきましょう!

 

 

【1の自己満足のテクニック】と言うのは簡単です。

 

1人で弾いていて楽しくなるためのテクニック。

それこそ、早く弾くとか、綺麗に弾くとか、

正確に弾くなどの、自分との戦いが必要になる項目。

 

これらを身に付けるための練習は、

自己満足のテクニックを

身につけようとするためのものです。

 

譜面をただ完全にコピーしたり、

フレーズ集を片っ端から覚えたりするのも、

間違いなくこの方向です。

 

 

誤解が無いように補足しておくと、

ピアノソロなどの独奏を目指していたり、

より完璧なクラシック演奏や

コピーバンドを目指しているならば、

必須となるテクニックです。

 

自己満足と書いていますが、

けしてネガティブな意味だけではありません。

 

音楽スタイルによっては

間違いなく必要なテクニックです。

 

 

でも、さらなる結論から言ってしまうと、、

急速に楽器が上達する人は多くの場合、

 

【2 反応するためのテクニック】

 

を選んで練習しています!

 

 

よく、音楽は会話に例えられます。

 

誰かがしゃべった内容に対して、

自分の意見や同意をしめす。

 

するとまた反応があって、会話が進んで行く…。

 

このサイクルと同様に、

こういうサウンドでこうきたからこう返す。

またそれに対してこう返していく…。

 

優秀なアレンジャーは

日々こんなことばかり考えています。

 

もちろん、ジャムセッションの現場になると、

それをリアルタイムでやるので、

より会話に近くなります!

 

 

その時必要になるのが、

 

【2 反応するためのテクニック】

 

ただ単純に自己満足のテクニックを身に付け、

沢山の音が出せるようになっただけの人は、

音に反応することができません。

 

まさに、英単語は沢山おぼえたけど、

実際どういうシチュエーションで使えるのか?

という考察と実践練習をしていない…。

 

という、いくら勉強しても

まったく英語が喋れるようにならない人と

まったく同じサイクルです。

 

逆に。

 

【2 反応するためのテクニック】

 

を練習している人は常に、

 

「このフレーズはドラムがこう来た時に

こうやって返すとかっこいいから覚えよう!」

 

というイメージで練習しています。

 

だからこそ、

フレーズ自体を沢山覚えなくても、

かっこいいサウンドを、

周りとの反応から創りだし、

沢山のバリーエーションを創る事が可能になるのです!

 

本当に英語がしゃべれる人は、

中学校ででてくる範囲の単語で、

充分日常会話ができてしまう!

 

という理屈も、この原理だと思います。

 

また!

 

ちょっとセンスが良い人は、

ここまでは独学でもこれます。

 

しかし!

 

実はテクニックにはもう一つ深い世界があります。

 

それが、

 

【3 反応させるためのテクニック】

 

何かに反応して音を出すだけではなく。

 

周りになんらかの反応をして欲しいから、

こう言うフレーズを出す!

 

こういう

能動的な思考で生み出されるテクニック。

 

これこそが、

急速に上達する人が必ず意識している

テクニックです!

 

「お腹が空いていますか?」

「はい!」

 

のように、ただ質問を受けて答えるだけではなく。

 

「お腹がすいていますか?」

「はい、3日間なにも食べていません。」

「それは大変!すぐに食事をご用意しましょう。」

「ありがとうございます!どこか休めるところはありますか?」

「それなら2階に空き部屋がありますので…」

 

のように、

相手から反応を引き出すためのテクニックまで

しっかりイメージして練習すると、

たった一つのフレーズでも

びっくりするぐらい応用が利くようになります。

(ちょっとこの会話は極端ですが。笑)

 

 

こういう意識で練習していくと、

今自分に必要なテクニックというのは

かなり絞られてくる事に気付くと思います。

 

そして、そのテクニックに集中して、

深く使えるようになるところまで

徹底的に練習する。

 

だからこそ、

 

【3 反応させるためのテクニック】

 

を意識している人は、

例外なく急速に楽器が上達していくのです!

 

 

もしこの記事を読んでピンと来た人は、

是非参考にしてみてください。

 

一生で考えたら、

かなりの上達スピードの差になりますよ!

 

 

今日もスピードをあげて、

ガツンとグルーヴさせていきます!!

 

ban1

 - アドリブ練習法について

Comment

  1. 中河原 美緒 より:

    いつも本当にためになることをしめされていらっしゃってて、敬服してます!語り口もとてもラフ・・!
    拝読させていただき、ありがとうございます!(^^)

    巷には、風上にたって指南の道を説かれる方も見受けます。『これが正しいんや!』とばかりに畳み掛けた物言いをされる**さんとかいますが・・・。

    わたしは習う側やけど・・、耳は100人いたら100個あんねん!と思います!!ww(強調)(笑)

  関連記事

no image
ドラマーはやるけど他の楽器はほぼやらない超基本練習!?

楽器上達する人が必ず知っている3つのテクニック!?僕はバンドで使う ベーシックな …

no image
ホントのリズムは3次元でできている!?

楽器上達する人が必ず知っている3つのテクニック!?「メトロノームのように正確なリ …

no image
ミスタッチが多い人の最大の特徴とは!?

楽器上達する人が必ず知っている3つのテクニック!?昨日のブログでミスタッチについ …

no image
セッション的マルチプレイヤーのススメ その6

楽器上達する人が必ず知っている3つのテクニック!?いよいよ今回でシリーズ完結! …

no image
レコーディングすると楽器は上手くなるは嘘?ホント?

楽器上達する人が必ず知っている3つのテクニック!? よく、楽器を上達させるには、 …

no image
あなたオリジナルのアドリブやサウンドを作る方法!?

楽器上達する人が必ず知っている3つのテクニック!?今回のテーマは 「あなたオリジ …

no image
面白いアドリブをする人に絶対共通する特徴とは!?

楽器上達する人が必ず知っている3つのテクニック!?今回のテーマは 「面白いアドリ …

no image
出だしの一音をいつも失敗する人の特徴!

楽器上達する人が必ず知っている3つのテクニック!?いつも出だしの一音をミスってし …

no image
習慣をすてる習慣を身に付けるのがテクニック向上のコツ!?

楽器上達する人が必ず知っている3つのテクニック!?常に成長し続ける人と、 どこか …

no image
楽器演奏の大敵は忍び寄る操作主義!?その2

楽器上達する人が必ず知っている3つのテクニック!?前々回、操作主義の話で更新が止 …

ban1