人生はジャムセッションだ!

セッションを日本の文化にする社長「斉藤彰広」の人生をグルーヴさせる秘訣を集めたブログ!

*

ban1

ピアノから見たアンサンブルのメリットとデメリット!?

      2016/01/17

ピアノから見たアンサンブルのメリットとデメリット!?もちろん全ての楽器奏者に
参考になる内容ですので、
ピアノ以外の方も是非読み進めてみて下さいね。

まずピアノという楽器の特性から来る
メリットとデメリットをまとめます!

【ピアノのアンサンブル的メリット】
・全てのパートの代わりになれるので
 柔軟なアンサンブルが可能。

・構造上、和音が一番の強みなので
 他の楽器に出せない分厚い和音が出せる。

【ピアノのアンサンブル的デメリット】

・構造上、分厚い和音が一気にだせてしまうので
歌や管楽器などのメインパートを邪魔しやすい。

・1人で全てのパートがこなせてしまうため、
 逆に弾かなくていい場所を見極めないと
 他のパートの役割とかぶりがち。

大雑把に言うと、
こんなメリットとデメリットがあります。

さらに簡単にまとめると…、

「ピアノは1人で
 オーケストラができる完成された楽器!
 だからこそバンド全体の足りないところ
 が見えれば、柔軟でバンドにとって
 無くてはならないパートになる!」

という事が言えます。

でも逆に。

この特性がゆえに、
バンド全体が見えていない人が弾くと、
平気で左手がベースとぶつかったり、
右手がギターとぶつかったり、
打楽器的に叩くとドラムとぶつかったりします!

でも、ここでちょっと視点を変えます。

そういう特性があるからこそ、
1人でバリバリバンドを引っ張れば
それで満足してしまいがちな

「管楽器」
「ボーカル」
「ドラム」

この辺りの楽器プレイヤ―の方が
あえてピアノをサブ楽器にして遊ぶと、
さらに自分のメイン楽器に
よい影響が出やすくなります!

ソロもリズムもハーモニーも
一台で完璧にこなせるピアノ。

だからこそ、
各パートの役割をしっかり把握し、

【抜けている所を
 ピンポイントでつかむ能力】

を磨くには最適の楽器と言えます。

ピンと来た方は
是非試してみて下さいね。

今回はこの辺で。

今日も1日ガツンとグルーヴさせていきましょう!

ban1

 - セッションの心構えについて

  関連記事

no image
三度の挫折を経験しても音楽を楽しみ続けた男の物語。

ピアノから見たアンサンブルのメリットとデメリット!?もしあなたが、 いくら練習し …

アドリブ 音楽理論 レッスン
小学生にもわかるアドリブ理論の具体的な身に付け方

ピアノから見たアンサンブルのメリットとデメリット!? 今日もちょっと趣向を変えて …

no image
最高のセッションの条件!?

ピアノから見たアンサンブルのメリットとデメリット!? どうしてもアドリブになると …

no image
リズムのスピード感を欲しがる人の天敵と最高のパートナー!?

ピアノから見たアンサンブルのメリットとデメリット!?【リズムは3次元シリーズ】第 …

no image
音楽専門用語インサイドとアウトサイドとは!?

ピアノから見たアンサンブルのメリットとデメリット!? セッションの現場で たまー …

音楽 打ち上げ セッション
現代の長屋を音楽で作ろう!?

ピアノから見たアンサンブルのメリットとデメリット!? 江戸時代にあった「長屋」を …

10563029_788633614552417_8343208058389968688_n
いい音楽よりやりたい音楽を!

ピアノから見たアンサンブルのメリットとデメリット!? このところ、バンド運営につ …

no image
リズムが悪くなる楽器ってなに!?

ピアノから見たアンサンブルのメリットとデメリット!? 今回のテーマは 【リズムが …

サックス セッション アドリブ
ミュージシャンが稼げないって誰が決めたんでしょうか!?

ピアノから見たアンサンブルのメリットとデメリット!? 答えからいうと、 それは「 …

オールジャンルプレイヤー マルチプレイヤー
オールジャンルプレイヤーじゃないと個性を殺される!?

ピアノから見たアンサンブルのメリットとデメリット!? 今日もちょっと趣向を変えて …

ban1