人生はジャムセッションだ!

セッションを日本の文化にする社長「斉藤彰広」の人生をグルーヴさせる秘訣を集めたブログ!

*

ban1

レコーディングとレコーディングセッションの違いとは!?

      2016/01/17

レコーディングとレコーディングセッションの違いとは!?「レコーディングとは、

 詳細な設計図を元に音源を作る職人仕事。

 レコーディングセッションとは、

 音源の設計図自体を創るクリエイター仕事!」

 

レコーディングと言う言葉は、

多くの方が聞いたことがあるし、

イメージもあると思います。

 

まさに読んで字のごとく、

「録音すること」を意味します。

 

誰かが詳細にアレンジし、

プロデュースした譜面や曲を

少しでもいい音やリズムや録音状態で残すことを

レコーディングと言います。

 

 

例えるなら、

建築士が書いた設計図を元に

寸分の狂いもなく忠実に再現し、家を創る

大工さんの仕事に似ています。

 

 

では「レコーディングセッション」とは何でしょうか?

 

答えから言うと、

メロディやコード進行など、

基本的な枠組み以外は何も決まっていない状態から

レコーディングを通して音源を創り上げる仕事!

(時には基本的な枠組みすら決まっていないことも!)

 

 

例えるなら、

建築士が描くはずの設計図の段階から、

みんなで創り上げてしまう仕事に似ています!

 

 

そして、実は現在の録音仕事と言うのは、

ほぼ100%「レコーディング」です。

 

「レコーディングセッション」は

特殊な場合を除いてほとんど行われていません。

 

なぜなら、いわゆる宅録と言われる機材が発達し、

優秀なアレンジャーがいれば、

とても安価で高い精度のアレンジ、つまり設計図が

簡単に描けてしまうからです。

 

わざわざ沢山の優秀なミュージシャンを集めて、

時間をかけてレコーディングセッションをする。

 

なんていう事は、時間的にも、予算的にも、手間暇的にも

ナンセンスな状況になっているのです。

 

また、

昔と比べて技術的に上手いミュージシャンは沢山いますが、

クリエイティブな感性を持ち、

その場の変化に合わせて、即興的にフレージングを変えることができ、

かつその新しいフレージングを、一発でOKテイクレベルで演奏できる。

 

そんな、本当の意味でハイレベルなセッションミュージシャンが

少なくなっているのもきっとあるでしょう。

(これも何回も録音できる

宅録の技術が発達したのが原因だと思います。)

 

 

でも、レコーディングセッションて

ハイパー無茶苦茶面白いんですよね~!!(笑)

 

 

これはやってみた人しか分からないのですが、

レコーディングという足跡を残しながら、

次々に思いついた事を重ねていき、

そして、最終形が見えてきた時の

メンバーとの一体感、達成感と言うのは、

言葉では言い表せないくらいの感動があります!

 

時間はかかるし、色々思考錯誤が必要だし、

何より経費がかかる!

これは大変だ…。

と、その時、 「お!」

と、僕は思いついてしまったのです。

 

 

「現在、アマチュアなら

 最高に楽しいレコーディングセッションを実現できる!」

 

 

そう、プロフェッショナルとして

レコーディングセッションをしようとなると、

時間、お金、色々な制約、

何より、最終形のクオリティが保証できない

出たとこ勝負のやり方自体に問題が出てきます。

 

ところが!

 

逆転の発想で考えると、

今ならハイクオリティの録音機材を

ほとんどお金をかけずに利用できる状況があります。

(昔は大金をかけたスタジオでプロしか使用できなかった。)

 

なので、プロフェッショナル特有の

そういったつまらないしがらみにからめ捕られずに、

ただ単にレコーディングセッションの面白さ自体を追求する!

 

それがアマチュアなら可能な状況が整ったのです!!

 

 

いえーい!

と言う訳で、ジャムセッション講座参加者の皆さんは、

今後どこかのタイミングで、ただのセッションではなく、

レコーディングセッションも体験できるような

カリキュラムやイベントご用意しますので、どうぞお楽しみに!

 

まさに瞬間の芸術であるアドリブセッションと、

そのノウハウを活かして、足跡を残しながら楽しむ

レコーディングセッション!

 

この二軸が揃うと、

さらにセッションは日本の文化になる!?

 

と、まぁそんな事ばかりを

毎日考えている僕の脳味噌の中のお話でした。

 

今日も一日ガツンとグルーヴさせていきます!

ban1

 - アドリブ練習法について

  関連記事

no image
ミュージシャンは下半身を鍛えよう!?

レコーディングとレコーディングセッションの違いとは!?いきなり体育会系なタイトル …

no image
作曲ができない人の特徴とは!?

レコーディングとレコーディングセッションの違いとは!?作曲ができる人は、 自分な …

no image
楽器演奏の大敵は忍び寄る操作主義!?その2

レコーディングとレコーディングセッションの違いとは!?前々回、操作主義の話で更新 …

no image
習慣をすてる習慣を身に付けるのがテクニック向上のコツ!?

レコーディングとレコーディングセッションの違いとは!?常に成長し続ける人と、 ど …

no image
楽器が上達するプレイバックの聞き方!?

レコーディングとレコーディングセッションの違いとは!?   前々回 「 …

no image
教則本コレクターになっていませんか!?

レコーディングとレコーディングセッションの違いとは!? 新年も明けて、 心新たに …

no image
セッションホストに必要な能力とは!?その4

レコーディングとレコーディングセッションの違いとは!?このシリーズもいよいよ完結 …

no image
テクニックVSストーリー展開!アドリブに重要なのはどっち!?

レコーディングとレコーディングセッションの違いとは!?「アドリブセッションで重要 …

no image
やればやるほど下手くそになる楽器練習の典型例!?

レコーディングとレコーディングセッションの違いとは!?このブログをお読みのおそら …

no image
ミスタッチが多い人の最大の特徴とは!?

レコーディングとレコーディングセッションの違いとは!?昨日のブログでミスタッチに …

ban1