人生はジャムセッションだ!

セッションを日本の文化にする社長「斉藤彰広」の人生をグルーヴさせる秘訣を集めたブログ!

*

ban1

なぜ毎日セッションするの!?

      2016/01/17

なぜ毎日セッションするの!?超根本的な質問を受けたので、

この場を借りてお答えします。

 

その理由は、

 

「みんなが楽しんでる姿を見るのが楽しいから!」

 

もうこれしかありません。

 

もちろん、自分が演奏すること自体も楽しいのですが、

本当の楽しさの本質はそこではありません。

 

どちらかというと、

僕の弾いたフレーズに反応して、

様々なサウンドを返してくる人がいる。

 

さらにその返しが気が利いていると、

お互い、にやっと笑って「いえーい!」となる。

 

そんなやりとりが楽しすぎるので、

毎日飽きずにジャムセッションを繰り返してしまいます。

 

 

また、最近ほぼ毎日ブログを更新したり、

メルマガを配信したりしているのですが、

それも理由は同じ。

 

読んでくれた人から、

嬉しい感想が届き、

少しでも役立っていると感じられるから、

毎日続いてしまうのです。

 

 

なぜ僕がこういう意識になったのかと言うと。

 

すご~くかいつまんで話すと、

自己顕示欲が強すぎて、

自分の事しか考えられないミュージシャンは、

みんなすぐ色々な意味でダメになっていくのを

そばで見てきたからです。(笑)

 

とっぽいあんちゃんほど、

早々に田舎に帰るか、心や体を病んで引退してしまいます!

(見た目に反して弱すぎる!!爆)

 

もちろん、一概には言えませんが、

間違いなくそういう傾向がある気がします。

 

 

逆に、一線に居続ける一流のミュージシャンは、

これまたほぼ100%の確率で、感謝の言葉を忘れません。

 

ステージ上でも、ステージ外でも、

常に周りのみんなが楽しくなる事を考えている!

 

そんなオーラが音にもなって表れるので、

多くのファンの心に響いている!!

 

そんな傾向があるように強く思います。

 

 

それに気づいてからというもの、

あれだけ飽き症で、物事が続かず、

夏休みの宿題は間違いなく31日まで

大事に取っておくタイプだった僕が、(笑)

 

「心を決めれば、継続できるようになった!」

 

のです。

(逆に言うと、気合が入らないことは

今でもすぐにギブアップします。 苦笑)

 

人間なので色々あるのですが、

 

「なぜ毎日セッションするの!?」

 

という疑問に真正面から答えるならば、

そういうことなのです。

 

 

もっとざっくばらんに行ってしまうと。

 

 

【人生がグルーヴしていれば、

 楽しくて人の役に立つことを継続するのは

 超簡単だし、当たり前のことなのです!!】

 

 

と言う訳で、

今日も一日ガツンとグルーヴさせていきます!

ban1

 - セッションの心構えについて

  関連記事

no image
短いソロが上手いソロ!?

なぜ毎日セッションするの!?   よく、ネタがないので 長いソロはとて …

no image
バンド内の物言わぬ巨人のお話。

なぜ毎日セッションするの!?人間が集まると、 無意識に必ず役割分担が行われます。 …

アドリブレッスン
【小学生にもわかるアドリブ理論!?】

なぜ毎日セッションするの!? 「ここまでの流れ」 1「社会人が音楽できないってお …

no image
才能より環境がモノを言うのが音楽!?

なぜ毎日セッションするの!?音楽は芸術の一分野として 多くの人に認識されています …

no image
ゴールよりプロセスを楽しむのがセッションの醍醐味!?

なぜ毎日セッションするの!?過去の思い出というのは、 苦しいものであればあるほど …

no image
一流のセッションプレイヤ―の条件とは!?

なぜ毎日セッションするの!?「一流のセッションプレイヤ―の条件とは!?」 もうこ …

no image
アコースティックな楽器と部屋の響きの関係!?

なぜ毎日セッションするの!? ブログ読者の方の中には 行きつけの練習スタジオがあ …

no image
リズムが悪くなる楽器ってなに!?

なぜ毎日セッションするの!? 今回のテーマは 【リズムが悪くなる楽器ってなに!? …

no image
二項対立からのスーパーアイデア!?

なぜ毎日セッションするの!?ここ最近ジャムセッション講座の カリキュラムのマイナ …

no image
バンドメンバーの気持ちを察する方法!?

なぜ毎日セッションするの!?他人の気持ちが分かったら、 人生こんなに苦労しなかっ …

ban1