人生はジャムセッションだ!

セッションを日本の文化にする社長「斉藤彰広」の人生をグルーヴさせる秘訣を集めたブログ!

*

ban1

スラップベースをキレよく弾く方法

      2016/01/17

スラップベースをキレよく弾く方法

「スラップベース」はいわゆる親指で
弦を叩いて、独特のパーカッシブなサウンドを出す奏法。

「チョッパー」なんて言い方も日本ではされます。

ベーシストにとっては
とっても人気の高い奏法ですが、
なかなか上手く演奏できないというお悩みも多いです。

特に今回のお悩みは、

【スラップベースをキレよく弾きたい!】

これは非常に多くの人が持つお悩みです。

そして、キレが悪くなってしまう
一番多い原因は、

「振りぬき型で右手をプレイしているから。」

弾きたい弦に対して、
親指を振りぬく形で演奏するので、
音量は多少上がるのですが、
サウンドのキレは悪くなります。

また、肘や肩などに力が入りやすくなり、
弦に親指を押しつけるような形になってしまい、
上手くならせない確率もあがってしまいます。

そこで!

【親指の付け根の関節を使う!】

これを意識するだけで、
楽にキレのよい
スラップベースサウンドになります!

また、親指の関節を
柔軟に使えるようになると、
手首も自由になります。

そのおかげで、力をほとんど入れなくても
充分弦が鳴り、キレよく
ベースをスラップすることができます!

これだけで劇的にサウンドが変わりますし、
速いスラップなどにも対応可能です。

ベーシストの方は是非参考にしてみて下さい。

ban1

 - ベース動画レッスン

  関連記事

no image
ベースソロにジャジーなオルタードスケールを使う方法!初心者編その1

スラップベースをキレよく弾く方法 今回はベースソロにジャジーな オルタードスケー …

no image
3ピースバンドでベースが高音域に行っても音が軽くならない方法

スラップベースをキレよく弾く方法 今回は3ピース(3人)編成での アンサンブルの …

ベース アドリブ アンサンブル
「3ピースバンドでベースが高音域に行っても音が軽くならない方法 その2」

スラップベースをキレよく弾く方法 今回は3ピース(3人)編成での アンサンブルの …

no image
ベースソロにジャジーなオルタードスケールを使う方法!初心者編その2

スラップベースをキレよく弾く方法 今回も引き続き、ベースソロにジャジーな オルタ …

ban1