人生はジャムセッションだ!

セッションを日本の文化にする社長「斉藤彰広」の人生をグルーヴさせる秘訣を集めたブログ!

*

ban1

「ピアノ&ベースデュオでのアンサンブルのコツ!?その2」

      2016/01/17

「ピアノ&ベースデュオでのアンサンブルのコツ!?その2」

ピアノとベースのデュオ(2人編成)で
アンサンブルを作るコツ第2弾!

今回の内容を一言で言ってしまうと、

【ピアノの左手は
 ルートを省いて3,7に!】

まず、ベースとのアンサンブルの場合、
ベーシストがほぼ必ずルートを弾いています。

「ルートって何?」
という方に基本からお伝えしておくと、
「ルート」とは、
【コードの一番元になる音!】

例えば、CM7とか、C7とかの
コードネームがあったとしたら、
この「C」の部分がルートです。

「根音」なんて
そのまんまな和訳(笑)
とも呼ばれます。

このルートはベースが主に担当!

なので、ピアニストは
省いてしまった方が良いのです。

ソロピアノのように、
ルートをガッチリ押えてしまうと、
ベースとぶつかって、
せっかくデュオという小編成独特の
空間が無くなってしまいます。

ピアニストはできるだけ
ルートを省きましょう。

そして、省く代わりに
「3度と7度」を入れます!

3度と7度とは何なのか?

例えばコードCM7(Cメジャーセブン)と書いてあったら、

ド、ミ、ソ、シがコードトーン

これに

1,3,5,7と番号を振ります。

この中の3と7を選ぶという事です。

CM7なら、ピアニストの左手は
ミとシを押えてみて下さい。

動画を見ると一発で分かりますが、
低音域のサウンドをすっきりしますよね!

また、後々右手で色々なコード音を
選びやすくするためにも、
是非ここで【左手3,7の法則!】
を覚えておいてください。

もちろん、ベースとのデュオに限らず、
普通のバンド編成でも活かせます!

ban1

 - ピアノ動画レッスン

  関連記事

no image
ピアノ&ベースのデュオでのアンサンブルのコツ!?その2

「ピアノ&ベースデュオでのアンサンブルのコツ!?その2」 今回のピアノ&ベ …

no image
ピアノ&ベースのデュオでのアンサンブルのコツ!?その4

「ピアノ&ベースデュオでのアンサンブルのコツ!?その2」 今回のピアノ&ベ …

no image
ピアノ&ベースのデュオでのアンサンブルのコツ!?その3

「ピアノ&ベースデュオでのアンサンブルのコツ!?その2」 今回のピアノ&ベ …

no image
「ピアノ&ベースのデュオでのアンサンブルのコツ!?その1」

「ピアノ&ベースデュオでのアンサンブルのコツ!?その2」 「動画内容の要約 …

no image
「ピアノ両手でファンキーなバッキング(伴奏)のコツ!」

「ピアノ&ベースデュオでのアンサンブルのコツ!?その2」 ファンキーなセッ …

ピアノ ベース デュオ アンサンブル
「ピアノ&ベースのデュオでのアンサンブルのコツ!?その5」

「ピアノ&ベースデュオでのアンサンブルのコツ!?その2」 今回のピアノ&ベ …

ban1