人生はジャムセッションだ!

セッションを日本の文化にする社長「斉藤彰広」の人生をグルーヴさせる秘訣を集めたブログ!

*

ban1

ベースソロにジャジーなオルタードスケールを使う方法!初心者編その2

      2016/01/17

ベースソロにジャジーなオルタードスケールを使う方法!初心者編その2

今回も引き続き、ベースソロにジャジーな
オルタードスケールを応用する方法を解説します。

とはいえ、いきなり難しいフレージングだと
初心者はほぼアドリブで使えません。

そこで、【簡単オルタード】
という手法を使います!

オルタードスケールの中でも、
一番おいしいところの「3音のみ」
を抜きだしたスケールです。

前回は1度解決でしたが、
今回は「3度解決!」がテーマ!

3度とはキーCのドレミと数えていって
3番目の音。

つまり「ミ」の音のことです。

ベースで言うと、
「一弦9フレットの音」

実はこの音は
キーCならば落ち着きの音
だったのです。

この音へ向けて、一弦の上の
「13フレット(ラ♭)」→
「12フレット(ソ)」→
「10フレット(ファ)」
という風に降りてきて、
最後「一弦9フレット(ミ)」
に解決する!

この流れをG7の時に入れると
とってもジャジーで
気持ちいいサウンドになります!

コードを意識して、
外れて戻ってくる!

この感覚を、理屈ではなく
体感で感じるためにも
この【簡単オルタード】は
良い練習です。

是非試してみて下さい!

ban1

 - ベース動画レッスン

  関連記事

no image
ベースソロにジャジーなオルタードスケールを使う方法!初心者編その1

ベースソロにジャジーなオルタードスケールを使う方法!初心者編その2 今回はベース …

no image
スラップベースをキレよく弾く方法

ベースソロにジャジーなオルタードスケールを使う方法!初心者編その2 「スラップベ …

ベース アドリブ アンサンブル
「3ピースバンドでベースが高音域に行っても音が軽くならない方法 その2」

ベースソロにジャジーなオルタードスケールを使う方法!初心者編その2 今回は3ピー …

no image
3ピースバンドでベースが高音域に行っても音が軽くならない方法

ベースソロにジャジーなオルタードスケールを使う方法!初心者編その2 今回は3ピー …

ban1