人生はジャムセッションだ!

セッションを日本の文化にする社長「斉藤彰広」の人生をグルーヴさせる秘訣を集めたブログ!

*

ban1

ドラムレギュラーグリップのやり方その一

      2016/01/17

ドラムレギュラーグリップのやり方その一

今回からジャズドラムなどで良く使われる
レギュラーグリップのやり方について解説していきます。

具体的な解説に入る前に、
皆さんに知っておいてほしいことがあります。

【そもそもレギュラーグリップはなんでやるの?】

わざわざ右手と左手を別の持ち方にする
「レギュラーグリップ」

両手とも同じ持ち方の
「マッチドグリップ」と比べると
なんだか難しそう…。

なんでわざわざそんな持ち方するの!?

こういう疑問をもった事はありませんか?

動画の中で、畠山君は
「カッコいいから。」
と素直に答えています。(笑)

もちろん、なんとなくカッコいから!
という理由でレギュラーグリップを始めてもOK。

確かに、見た目が変わります。

でも、それだけじゃなくて、
もっと音楽的な理由があるのです。

その理由とは、

【音色が変わる!】

これがレギュラーグリップをマスターする
決定的な理由です。

レギュラーグリップは
親指を支点にして、
手首を振る動きで
スティックをコントロールします。

そうすると、水面を叩くようなイメージの
「パーン」というサウンドがします。

生ドラムだと、よりその音色が
はっきりと出ると思います。

逆に、マッチドグリップは
振り下ろす動きで
スティックをコントロールするので
「ドス」という重めの音色が出ます。

「パーン」という開けた音色と、
「ドス」という思い音色。

イメージで言うと、
このくらい音色に変化がつくのです!

もちろん、ドラム自体のチューニングや
タッチによっても変わってきます。

が、

「なんでわざわざ
 レギュラーグリップをマスターする
 必要があるの!?」

という根本的な問いに
はっきりとした答えをもっていないと
挫折してしまう人が多いのも事実。

是非「音色の違い」に注目して、
レギュラーグリップをマスターしていってください!

ban1

 - ドラム動画レッスン

  関連記事

ジェフポーカロ ハーフタイムシャッフル レッスン
ジェフポーカロ風ハーフタイムシャッフルの練習方法その一

ドラムレギュラーグリップのやり方その一 あらゆるドラムパターンの中でも かなり難 …

no image
ドラムレギュラーグリップのやり方その二

ドラムレギュラーグリップのやり方その一 今回もジャズドラムなどで良く使われる レ …

no image
「ジェフポーカロ風ハーフタイムシャッフルの練習方法その二」

ドラムレギュラーグリップのやり方その一 トトのドラマーであり、 スーパースタジオ …

ban1